イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
12:00~12:30開催
次回開催は10月11日(木)です。
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
隔月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は10月10日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
記事ランキング
画像一覧

第70回オープン読み聞かせ会

f0196517_23191620.jpg
2月14日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で今年初めてのオープン読み聞かせ会が開かれました。今回で70回目となる会には、まだまだ寒い中、風邪にも負けず元気な子供たちが集まってくれました。
聖バレンタインデー(伊 San Valentino)でもあったこの日にちなんで、"やさしさ” をテーマに本を選んでみました。

まずは、いつも大人気の紙芝居からのスタートです♪ 

毎回、会のお楽しみは最後にとっておくのですがこの日は、紙芝居やさしい おともだち脚本:野坂悦子 絵 ヒッテ・スペー 童心社(まねき文庫蔵書)を舞台と呼ばれる手作りの枠をつかってみんなに紹介することにしました。

近年イタリアでもKAMISHIBAIの名が広まりつつある事もあり、私たち日本人の文化でもある、紙芝居をもっとボローニャに住むお友達に、昔ながらの形で、身近に感じてもらおうとの願いから、まねきねこ会員たち数人の手で共同製作した完成品をこの日、いよいよお披露目となりました。

紙芝居を少し説明した後に、私たちのカラフルな劇場のような舞台を使って、読み始めました。 中には紙芝居を初めて見た子もいて、幕が開けたとたんに歓声が広がり、とても賑やかな会となりました。


温かいムードのまま、次もとってもダイナミックな絵本 そらの100かいだてのいえ いわい としお 偕成社 を読みました。
日本語で数える数の響は、会のみんなにどのように聞こえたでしょうか? 頂上にはだれが待ってくれてるのかクイズ形式で語ると物語に入りこんでくれた子供達は、たくさんの要素がつまった絵本に最後までみんな真剣に展開を見守ってくれていました♪
f0196517_22592653.jpg

最後、紹介した本は、とってもユニークな切り口の絵本うどん 対 ラーメン:田中 六大 講談社(サラボルサ蔵書) をみんなと読みました!
大好物の登場人物のお話とあって盛り上がる子もいれば、未知の食べものに興味津々で質問を投げかけてくれる子もいました。、軽快なストーリーと思いやりに気づかせられる結末は、みんなからの笑いを誘っていました! 日本食の紹介にもなったかもしれませんね♪
f0196517_23584482.jpg
そして、遅ればせながら、今年の折り初めとなるラボは、バレンタインデーらしく、しおりにもなるハート💓の折り紙に挑戦しました。折り方は、比較的やさしいのですが、折り進めてもハートの形になるか?なかなか想像しづらく、子供達には決して簡単ではなかったのですが、最後に裏を返すと綺麗なハートになった瞬間に!みんなの表情が明るく、歓声と笑顔に満ち、まだ遠い春の訪れを待つ気持ちと合わさって心温まる時間となりました....

今年も、元気いっぱいな沢山の子供達に出会えるのを楽しみに、皆さんのご参加をお待ちしています
次回は3月14日(第二水曜)サラボルサRagazzi にてお待ちしております

[PR]
# by manekineko-bo | 2018-02-23 00:32 | オープン読み聞かせ会

2018年まねきねこ会新年会

今年も毎年恒例となった新年会が開催されました。ここ数年、北イタリアの冬にしてはこの日は必ずお天気が良く、今年も30家族・大人と子供合わせて100人を超える参加者がありました。今年は赤ちゃんやよちよち歩きの小さい子たちもたくさん来てくださり、とても明るい会となりました。

f0196517_07405343.jpg

勉強会メンバーによる今年の劇は、低学年が『大きなかぶ』、高学年は寸劇『附子』です。また、勉強会に参加している中学生二人が、日本語とイタリア語両方で劇の紹介をしてくれました。
『大きなかぶ』は低学年の定番となりつつありますが、毎年とても元気で可愛らしい姿を見せてくれます。今年の子たちは特に元気で完成度の高い発表をしてくれました。

f0196517_07400763.jpg
f0196517_07400628.jpg

高学年の『附子』はセリフの掛け合いが多く、前日までの練習を見ている時は正直不安もあったのですが、ここはさすがイタリア育ちの度胸のある子供たちです。本番では立派に演じ切ってくれました。新年会での劇の発表が今年最後となる最終学年の4人にも、心に残るものとなったのではないかと思っています。

f0196517_07400713.jpg
f0196517_07400787.jpg

続いては有志による演奏会です。(特技披露の場なので、音楽でなくてもよいのですよ!来年以降是非皆さん色々な特技でご参加ください)今年は例年より少なめの4名が、それぞれバイオリン・ギター・ピアノを披露してくれました。

f0196517_07354420.jpg
f0196517_07354435.jpg

子供たちも大きくなってくるとこのような場で演奏することを嫌がることもあるのかもしれないですが、毎年演奏してくれる子供たちに心から拍手を送りたいです。

f0196517_07354378.jpg
f0196517_07354434.jpg

演奏会の後は、待ちに待った持ち寄りお昼ご飯タイム!お腹をすかせた子供たちが一生懸命我慢しているなか、早々に飲み始め何かをつまんでいる大人達もいたようですが…お料理の蓋を開けた時には大人も子供も一斉にお料理に群がり、『これが美味しかった』『これは誰が作ったんだろう?』『レシピ教えて』とお喋りにも花が咲きます。毎年この持ち寄りのブッフェを楽しみにしている方はとても多いのではないでしょうか?

f0196517_07354569.jpg
f0196517_07354439.jpg
f0196517_07354558.jpg

大人達がお喋りに夢中になっている中、舞台では紙芝居や絵本の読み聞かせに加えて今年も子供たちが楽しめる色々な遊びを行いました。ふくわらいや旗揚げゲーム、イタリア人パパたちが大活躍のパン喰い競争…普段あまり会う機会のない子供たちが一緒に遊んだり、大きい子が小さい子を助けてあげたり…という風景も見られてとてもほのぼのします。

f0196517_07400672.jpg
f0196517_07400665.jpg
f0196517_07400646.jpg
f0196517_07400770.jpg

f0196517_07400735.jpg
パティシエママによるおやつは、昨年はロシアンルーレットドルチェ(梅干し入り!)でしたが、今年はチョココーティングのイチゴのアタリ入りミニケーキです。よくよく見ると…戌年にちなんで犬の形に並べられていますね!毎年のことながらこんなに沢山の美味しいドルチェを用意してくださって本当に感謝感激です。

f0196517_07405460.jpg


プログラムも最後に近づいてくると、これもママ手作りの完成度の高すぎる獅子舞が登場して子供たちの頭を噛みつつ、お土産のお菓子を配ってくれます。そして、会の〆はこれまたピアニストママによる素敵なピアノ演奏とともに恒例のママさんコーラスです。今年は『君が代』『花』『千の風になって』という難易度の高い選曲でしたが、皆遠い母国に思いを馳せながら?見事に歌い切ることができました。

f0196517_07405463.jpg
f0196517_07405423.jpg

今年は新しいご家族もたくさん参加してくださいました。ご参加くださった皆様、本当にありがとうございます。まねきねこ会は手作りの会ですが、色々なバックグラウンドや経歴を持つ日本人の保護者たちが、世代交代もある中で子供たちとともに大切に大切に作ってきた会です。この新年会のようなイベントで、その様子を少しでも感じ取っていただくことができたら嬉しいです。

まねきねこ会の活動や、また勉強会などに興味のある方は是非事務局までご連絡くださいね。

f0196517_07415345.jpg

[PR]
# by manekineko-bo | 2018-01-23 08:11 | まねきねこ会イヴェント

新年会プログラム

年が明けて初めての投稿となります。皆さま今年もまねきねこ会をどうぞよろしくお願いします。

とうとう来週末に迫りました、新年会のプログラムが完成しました。今年も楽しく心に残る会にしたいと思っています。どうぞ皆さまお楽しみに!


f0196517_21374281.jpeg


開催日:2018年1月21日(日) 11:00-15:30頃
場所: Centro Intercultural M.Zonarellli
Via GO.A.Sacco, 14、40127 Bologna
市バス21(“Lavoro”下車)または21("Pezzana”下車)

[PR]
# by manekineko-bo | 2018-01-12 21:31 | まねきねこ会イヴェント

第69回オープン読み聞かせ会

12月13日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館前で第69回オープン読み聞かせ会が開かれました。図書館前にはひときわ目立つ大きなクリスマスツリー、街中がおとぎの国のようなイルミネーションで飾られ、街ゆく人々もどこか楽しそうな雰囲気。そんなワクワクムードにさそわれてか、今回も大勢の子供達が寒さにも負けず、元気に集まってくれました。
f0196517_21402837.jpg

もちろん今回のテーマはみんなが大好きなクリスマスです!
まず恒例の、『こんにちは』のご挨拶をしましたが、聞いたことのない言葉に、驚きを隠せない子供達もいてとても可愛らしい表情をしてくれました。 一人ずつご挨拶を繰り返したこともあり、中には日本語を覚えてくれた子もいて、些細なことですが、読み手として、とても嬉しい出来事でした。
f0196517_21402875.jpg

まず一冊目は、
作:五味太郎 偕成社(まねき文庫蔵書)の面白仕掛け絵本『まどから★おくりもの』からスタートしました。 ちょっとあわてんぼうのサンタクロースさんは、小さな窓から寝てる子をみて、贈り物をくばってまわるのですが.... 次の朝、サンタさんの思い違いでとってもユニークな結末を迎えて、みんなからも笑いを誘いました。絵もカラフルで楽しい絵本でした

つづいて、子供達、誰もが持つ、サンタクロースを一度は見て見たいとゆう欲望をドラマチックに描いた作品 しろくまのオント サンタクロースにあいにいく  アルカディオ・ ロバト 訳 : 若林 ひとみ フレーベル館 を読みました。主人公のこぐまくんもサンタさんに会いたい一心で北極を冒険するお話は、不思議の連続、サンタクロースをみたオントは大人になるなど、どこか切ないさを感じさせ、よくあるクリスマスのお話とは一風変わった展開だったかもしれません。 会のみんなでオントくんと一緒になって本当のサンタクロースを探したりして楽しんでくれた様子は、会をゆかいに盛り上げてくれました。


紙芝居は、冬のボローニャの風物詩でもあるスケートのお話アネッタ、すべった 脚本:野坂悦子 絵 ヒッテ・スペー 童心社(まねき文庫蔵書)を会に参加してくれたお母さんと読みました。スケートに挑戦したことのある子供達には、スケートの難しさがわかり共感出来たのかもしれません。又は、展開がほんとに面白かったのか、子供達からの評判がとてもよかった作品でした。
イノシシのアネッタが生まれて初めてスケートにいき上手く滑れないのをからかわれて泣いてしまうのですが、お友達がはげましてくれる展開がとても微笑ましいお話に子供達はくぎつけになっていました。寒い冬に温かいメッセージがこもったお話でした。

今年最後の折り紙ラボはサンタクロースをみんなで折って見ました!
f0196517_21402805.jpg

見てお気付きの方もいらっしゃるのではないでしょうか? そうなんです!ちょっと一風変わったサンタさんは、
今回お話にも登場したクマサンタ!をみんなで一生懸命折りました。 それぞれの表情が、とても豊かで、愛らしいサンタさんが揃いました♪ こんな、素敵なサンタさんに囲まれた会は、みんなの夢が詰まったクリスマスが一足先に訪れたかの様でした。
皆様にもよいクリスマスが訪れます様に...とメッセージを込めて今年の会を終えました。


第70回目となります、次回オープン読み聞かせ会は2月14日第2水曜日の開催予定です。
1月はお休みとなります。
来年も、どうぞオープン読み聞かせ会を宜しくお願いいたします。 皆様のご参加お待ちしております♪ 
良いお年をお迎えください。








[PR]
# by manekineko-bo | 2017-12-19 22:10 | オープン読み聞かせ会

秋の音楽会

11月25日(土)にまねきねこ会の会員の家で小さな音楽会が開かれました。
今回は、特別ゲストに声楽家の岸七美子さんと瀧本紘子さんをお迎えしてお二人にその素晴らしいソプラノの美声を披露していただきました。
f0196517_05390505.jpg
日本語勉強会の卒業生たちも日頃練習しているピアノやオーボエの演奏を聴かせてくれました。間に詩の朗読もあって、こじんまりとはしていましたが手作り感のあるアットホームな会になりました。
f0196517_05390239.jpg
フィナーレは、皆で日本の唱歌を大合唱。
家中に、皆さんの歌声が気持ちよく響きわたっていました。
心のなごむ歌声や演奏に小さな子供たちも嬉しそうに、そして真剣に耳をかたむけていました。
f0196517_05390398.jpg
最後はおやつをいただきながら、お話に花が咲きました。

f0196517_05390430.jpg
岸さん、瀧本さん、魅力的な歌声を皆さんに披露していただいて本当にありがとうございました。お二人の歌声は子供たちの心にいつまでも残っていることと思います。
(企画・烏丸)

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-12-04 05:42 | まねきねこ会イヴェント