イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
12:00~12:30開催
次回開催は4月11日(木)です。
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
隔月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は4月10日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
記事ランキング
画像一覧

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジョバンニ・ペテルノッリ先生と行く北斎-広重 Oltre L'onda展 鑑賞

「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生と行く
北斎-広重 Oltre L'onda展 鑑賞」

2019年1月17日(木) 午前10時20分~ 於:考古学博物館

第19回の「ママのためのレクチャー」は、東洋美術研究所の所長のジョバンニ・ペテルノッリ先生と一緒に、現在ボローニャで開催されている、大変重要で貴重な展覧会「北斎・広重展」を訪問して、先生の素晴らしい奥深い説明を聞きながら、展覧会をじっくり鑑賞してまいりました。

この展覧会は、ボストン美術館のコレクションから構成されたもので、250点以上の貴重な、浮世絵の作品を一堂に見ることができるたいへん良い機会となりました。参加者も、20名を超え、感心の深さを感じました。
f0196517_05455364.jpg
f0196517_05455237.jpg
江戸後期に活躍した、2人の絵師、北斎と広重の個性の違いや、作品の違いについても、先生からいろいろと貴重なご意見をいただきました。天衣無縫でその構図や色彩感覚も、時として奇想天外で天才肌の北斎。一方、あくまでも正統派で、その作品には気品があり優雅で、当時の江戸庶民に絶大な人気を誇った広重。ペテルノッリ先生の的確な説明で、さらにこの二人の作家のそれぞれの個性が浮き彫りにされ、しっかりと作品の中で現れてくるのが素晴らしいと思いました。
f0196517_05455320.jpg
f0196517_05455383.jpg
展覧会鑑賞の後、先生を囲んでの昼食会も開かれました。楽しく有意義なひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

f0196517_05455321.jpg
ママレク担当 烏丸由美(美術家)

by manekineko-bo | 2019-02-20 05:58 | ママのためのレクチャー

第74回オープン読み聞かせ会

2月13日(水)、ボローニャ市サラボルサ児童図書館で第74回オープン読み聞かせ会が開かれました。

いつもどおり、子供たち全員のお名前を聞きながら「こんにちは」のあいさつをした後は、紙芝居『おむすびくん』(脚本・絵:とよたかずひこ、童心社)のはじまりです。
f0196517_06454915.jpg
おむすびを食べたことがある子もない子も、おむすびの気持ちがわかったかな?

絵本は、効果音がついたちょっと風変わりですてきな人形劇『おばけのブルブル』(作・絵:荒井良二、講談社)、連想ゲームのように次のどうぶつをみんなで当てっこする『どうぶつ連想 それ、だーれ?』(作:サトシン、絵:ドーリー、そうえん社)、参加したお子さんからリクエストがあり、読み手にとっても懐かしいお話『ぐりとぐら』(作:中川李枝子、絵:大村百合子、福音館書店)などを読みました。
f0196517_07101339.jpg
今回の折り紙では、きつねのお面を折りました。きつねのイメージも、みんなそれぞれで面白いですね。
f0196517_07142348.jpg
ぜひ、家では大きな紙で作って、カーニバルの仮面にしてみてくださいね!
f0196517_07160789.jpg
次回は4月10日(水)17:30〜です。もう少し暖かくなってたくさんの子供たちが来てくれるのを楽しみにしています!











by manekineko-bo | 2019-02-14 07:25 | オープン読み聞かせ会

まねきねこ文庫より新刊のお知らせ

まねきねこ会会員の星文(ほし あや)さんが翻訳された絵本『おやすみなさいトマトちゃん』が文庫の書架に並びました。イタリアの作家(文:エリーザ・マッツォーリ、絵:クリスティーナ・ペティ)によるこの作品は、第24回いたばし国際絵本翻訳大賞を受賞し、去年7月に出版されました。可愛らしい表紙から楽しいお話が始まりそうですね。
f0196517_21341447.jpeg
訳者の星さんから一言。
「読んでいるうちにトマトに愛情が湧いてくるような、ユーモアたっぷりの楽しい絵本。トマト好きにも野菜嫌いのお子さんにもおすすめです!」

文庫の「b 3ー6歳」の棚に並んでいますので、皆様ぜひお子様と一緒に読んでみてください!


by manekineko-bo | 2019-02-07 20:56 | 文庫

日本語勉強会・節分会と劇発表

2月2日に、1日早い節分会が行われました。
1時間目は書き初めの授業でした。

f0196517_06460265.jpg
早く字を書きたい気持ちを抑えつつ、筆の持ち方、筆先の整え方、最初の筆の入れ方など、まず集中して先生の説明を聞きます。

f0196517_06460269.jpg
そして筆の留め、払いなどの説明を受けながら、高学年の子供達は「未来」という二文字の漢字に挑戦しました。

f0196517_06460297.jpg
低学年の子供たちはひらがなの「にじ」。最後は細筆で自分の名前を書き、完成です!

f0196517_06460213.jpg
勉強会の後半は、劇「金太郎」を発表しました。たくさんのお客様がお越しくださいました。
まずは金太郎役自ら、イタリア語であらすじを紹介し、いざ劇の始まりです。


f0196517_06460259.jpg
金太郎とお母さん、そして森の動物達。高学年の子供達はナレーションも担当しました。
みんな大きな声で堂々とセリフを言っていました。


f0196517_06460217.jpg
観客も一緒に盛り上がった、金太郎と森のクマとの相撲の様子。
お話では金太郎が勝つのですが、二人とも迫真の演技で本当にどちらが勝つのか分からないほどでした!


f0196517_06460156.jpg
最後は金太郎の歌をみんなで歌い、子供一人ひとりの名前が呼ばれました。
観客から大きな拍手が送られると、とても嬉しそうな様子でした。
これからも日々成長し続ける子供達を見守っていきたいと思います。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!


by manekineko-bo | 2019-02-06 06:53 | 日本語勉強会