人気ブログランキング |

f0196517_02272620.jpg
10月である事を疑いたくなる様な暑い日差しの中、10月10日(水曜日)ボローニャ市の児童図書館、サラボルサにてオープン読み聞かせ会が行われました。 今回も様々な年齢層の子供達があつまってくれました。
お決まりの「こんにちは」のご挨拶と自己紹介を皆に体験してもらい、会が賑やかにスタートしました。今回は、ハロウィンにあわせて、日本のおばけ絵本など、数冊読む事ができました。
f0196517_02272661.jpg
1冊目は『はらぺこあおむし』
作・絵:エリック・カール  訳:もり ひさし 出版社:偕成社 (サラボルサ蔵書)

みんながよく知っているこの絵本ですが、会にはもちろん日本語で聞くのが初めての子供達もいて、なんだか新鮮だった様子でした。 興味深く、日本語の音へも耳を潜めて楽しんでくれていました。
2冊目『ウィリーとともだち』
作・絵:アンソニー・ブラウン 出版社: 童話館出版

新学期を迎えて少したったこの季節に、友達をテーマにした本を読みました。登場人物にちょっと弱気なチンパンジーと見た目も強そうなゴリラの友情物語、意外な組み合わせの主人公に、子供達からも笑いを誘います。 互いに持つそれぞれの弱点を自分のできる事でカバーしあえる事で友情が生まれるストーリーは、日常の些細な場面が描かれていて、シンプルで微笑ましい絵本でした。きっと新しい環境を迎えた子供たちへ温かく伝わったのではないでしょうか。

f0196517_02272597.jpg
3冊目『さかさま』
作・絵:安野 光雅出版社:福音館書店

とっても不思議な逆さま絵本を読みました。トリックを暴こうと誰よりも前へと覗き込み、釘付けになる姿がとても愛らしい子供たち、我先にと得意気に見つけた不思議な絵の事を話してくれて、会は一気に沸き返りました。

今回も、どの絵本にもユニークな仕掛けや温かいエピソードがあり、会は大盛況で終盤へ。お化けの絵本は、日本のおばけを怖がらないか、恐る恐る肝だめし風に読み聞かせりして、子供たちと遊んでいるうちに、時間切れとなり珍しく紙芝居は次回のお楽しみとなりました。
f0196517_02272627.jpg
締めくくりは、折り紙ラボです。ボローニャでも年々賑わいを増しているハロウィンにちなんでコウモリの折り紙を折ることにしました。折り方は一見難しいそうですが直ぐにコツを掴んだ子供たちは、何度も何度も挑戦してくれました。
f0196517_02272540.jpg
色とりどりのコウモリたち
細かい目を描く作業も真剣!とっても素敵なコウモリが折れました!

次回、読み聞かせ会は、12月12日 第2水曜日です。 
11月は、お休みになります。
是非、次回みなさんのご参加をお待ちしております。


by manekineko-bo | 2018-10-30 02:46 | オープン読み聞かせ会

朝霧にボローニャの秋を感じるこの頃ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

文庫係では、会員の皆様や、現在会員でなくても会の文庫活動に興味のある方を対象に、下記のように読み聞かせ会を行います。直前のお知らせで申し訳ありませんが、お友達もお誘いの上、ぜひお越しください。


日時:10月20日(土) 12:00-13:00場所:東洋美術研究所 

(Via S. Maria Maggiore, 1 Bologna)


お子さんの年齢制限:特にありませんが、今回の内容は小学生向けですので、未就学児のお子さんには保護者の方が付き添ってくださるようお願いいたします。


プログラム:
  • 紙芝居の読み聞かせ 「どんぐりとやまねこ」(原作:宮沢賢治)
  • 折り紙で4色のコマを作って回してみよう。
楽しい会になることを願って、皆様のご参加をお待ちしています。


文庫係

f0196517_20505499.jpeg


by manekineko-bo | 2018-10-17 20:51 | 文庫