人気ブログランキング |

第20回ママのためのレクチャー 浮世絵における女性像について- L'immagine della Donna nel Ukiyoe

第20回ママのためのレクチャー
「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る浮世絵における女性像について- L'immagine della Donna nel Ukiyoe」

2019年5月30日(木) 午前10時~ 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d-Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)


今回で記念すべき20回目となりました「ママのためのレクチャー」は、東洋美術研究所の所長のジョバンニ・ペテルノッリ先生をお迎えして、「浮世絵における女性像について」をテーマにお話をお伺いしました。

f0196517_06433619.jpg

浮世絵における女性像は、大変重要なモチーフであり、美しい女性を描くこと、それは浮世絵においてもっとも好まれた題材のひとつでした。
浮世絵の長い歴史の中で、町娘や遊女、歴史上の人物、物語の登場人物など、さまざまな女性たちが浮世絵師によって描かれてきました。
今回は主に18世紀後半から活躍していた春信(1725ー1770)、清長(1752ー1815)北川歌麿(1753-1806) の3人の優れた浮世絵師たちの作品を比較し、ペテルノッリ先生の持論も交えながら、それぞれの作家の特徴と、才能、そしてその重要性についてじっくりお話をしていただきました。

f0196517_06433631.jpg
f0196517_06433697.jpg

日本にいても、これほどまでに詳しく、じっくりと浮世絵作品を鑑賞しながら、探究することはないので、先生の貴重なお話を伺って、浮世絵に対する見方をさらに深く学ばせていただきました。
ペテルノッリ先生、いつもながら素晴らしい解説に参加者一同、熱心に質問も交えながら聞かせていただきました。本当にありがとうございました。

日本人の観点とはまた違った先生の鋭い見識と興味深いお話は、みなさまに堪能していただけた事と思います。


ママレク担当・烏丸由美(美術家)


by manekineko-bo | 2019-05-31 23:02 | ママのためのレクチャー