イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
11:00~11:45開催
次回開催は3月8日(木)です。(12月~2月はお休みさせていただきます)
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
毎月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は12月13日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
more...
記事ランキング
画像一覧

まねきねこ文庫オープン記念読み聞かせ会

10月10日、まねきねこ文庫がとうとうオープンします!新しい書棚から子供たちの大好きな絵本が見つかるとよいですね。当日、文庫オープンを記念して、以下の要領で絵本の読み聞かせ会を行います。

場所:東洋美術研究センター(Via S.Maria Maggiore 1, Bologna)
日時:10月10日 12時より
*一般の方もご参加いただけます(予約制)。

文庫では、0歳から10代向けの絵本、児童書、図鑑などが約500冊書架に並んでいます。これから、保管している1500冊近い本も徐々に書棚に加えていく予定ですので、ぜひご利用ください。貸し出しの詳細は以下の通りです。

貸し出し日:毎週土曜日 11:45から13:15まで
場所:東洋美術研究センター(Via S.Maria Maggiore 1, Bologna)
貸し出し冊数:5冊
貸出期間:1か月
注記:貸し出しは、本を適切に管理するため、まねきねこ会員の方に限らせていただきます。

f0196517_8203481.jpg


お問合せ・ご予約は、文庫・勉強会係まで。
[PR]
# by manekineko-bo | 2009-09-24 19:27 | 文庫

子供のための日本語勉強会 スタート!!

第1回目の「子どものための日本語勉強会」が9月19日(土)にスタートしました!!

第一回の授業には7名の6歳から8歳の子供たちが集まりました。

f0196517_226485.jpg



お二人の先生方が熱心に子どもたちにご指導下さり、読み物を少し読んで話し合ったり、言葉の作りを理解するためのドリルをやったり、さまざまは工夫をしながら、授業が進んでいくようです。
最後は、ママによる本の読み聞かせで終了いたしました。

何より子供たちも楽しげに帰ってきますし、お互いに刺激になっているようです。
また2,3カ月先にレポートしましょう。。
[PR]
# by manekineko-bo | 2009-09-22 22:07 | 日本語勉強会

ボローニャ市立図書館Salaborsaでの新年度初めての「オープン絵本の読み聞かせ会

イタリアの殆どの小学校が新学期を迎え、連日の雨に少し晴れ間が見えた9月16日、第5回の「オープン絵本の読み聞かせ会」がボローニャ市立図書館Salaborsaの児童図書館内で再開されました。
長い夏休み明け最初の読み会でしたが、いつもよりイタリア人の参加者も多く、冒頭のイタリア語での挨拶もいつもより熱が入っていました。
「ゆらゆらパンダ」という短い、かわいらしい幼児むけ向け絵本から始まり、続く「たべたのだあれ」では子供達が一斉に絵本に向かって指を差し、歓喜してお話の中に出てくる問いかけに答えていました。「おおきいな」ではパパによる読み聞かせが行われ、大きくてよく通るお父さんの声で読み上げられたせいか、子供達はお話にぐんぐん引き込まれて目をかがやかせていました。
「わたし」、狂言絵本「そらうで」、「しっぽのはたらき」など、合計9冊の本が1時間にわたって読まれました。
 
f0196517_21541629.jpg


なんと、翌日17日のイタリアの主要新聞la Repubblica誌のボローニャ地方版の文化欄にボローニャ中央図書館における日本語でのオープン絵本の読み聞かせ会や、まねきねこ会の活動についての記事が
「FIABE GIAPPONESE」というタイトルで、絵本「スモウマン」の大きなカラーイラスト入りで一面にわたって大きく掲載されました。

f0196517_1518139.jpg


さて、次回のボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会の日程は、以下の通りです。


2009年10月21日(水) 
・16:30~17:30

 Sala bebe' で第1回オープン読み聞かせ会(0-3歳児)がスタートします。
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしていま
す。
               
・17:30~18:30 
第6回オープン読み聞かせ会 

シンプルな絵本からお話絵本まで様々な絵本を読んでいますので、0歳児から99歳
まで希望者はどなたでもご参加ください。



問合せ:サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 ragazzisalaborsa@comune.bologna.it あるいは、まねきねこ会事務局にお問い合わせ下さい。
[PR]
# by manekineko-bo | 2009-09-20 15:28 | オープン読み聞かせ会

ボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会の日程

今秋から、ボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会が再開されます。日程は以下の通りです。

2009年 9月 16日(水) 17:30
2009年10月 21 日(水) 17:30
2009年11月 18 日(水) 17:30
2009年12月 16 日(水) 17:30


シンプルな絵本からお話絵本まで様々な絵本を読んでいますので、0歳児から99歳まで希望者はどなたでもご参加ください。また、Sala Borsaの300冊近い日本語の絵本も、家での読み聞かせにぜひご利用ください。

問合せ:サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 ragazzisalaborsa@comune.bologna.it あるいは、まねきねこ会事務局にお問い合わせ下さい。
[PR]
# by manekineko-bo | 2009-09-13 23:27 | オープン読み聞かせ会

夏休み明け最初の遠足&青空読み会(Brisighellaの Agriturismo Campiume)

青空にところどころ雲が浮かび、快い風が時折吹くお天気に恵まれた9月の第一日曜日、ブリジゲッラのアグリトゥリズモカンピューメにて、子どもを交えてワイン造りを行いました。
11家族総勢30名が参加し、葡萄摘みや葡萄踏みなどのワイン造りを体験する有意義な一日となりました。
 
************************************************
 
ワイン造り体験の第一弾として、まずは葡萄摘み。アグリトゥリズモ「カンピューメ」のご主人のご指導のもと、子供たちは大人の助けを借りて太い枝を一つずつ丁寧に鋏で切り摘み取っていきました。想像以上に太くて堅い葡萄の枝に、大人も少しびっくり。ワイン造りの大変さを最初から感じることができました。カンピューメのブドウはすべて有機栽培。甘くておいしく、ワインになる前にお腹に入ったブドウもあったようです。

f0196517_2121424.jpg
 
 
摘んだ葡萄を容器に入れる子供たち。
 
f0196517_21213888.jpg

 
ちょっぴり汗をかいた後は、青空の下でお弁当を食べました。待ちきれないかのように早々と食事を済ませた子供たちは、元気に外を駆け回り、大人はしばし談笑。そして、気持ちの良い空の下、ブドウ畑に囲まれた絵に描いたような風景のなかで、「青空読み会」が行われました。小さい子も楽しめる「だれのおしり」から始まり、「なつはぐんぐん」で、それぞれの夏を思い出し、「あきはいろいろ」でこれから迎える秋を想像し、最後に読まれた「かぜのふしぎ」ではこれからの季節注意しなくてはならない風邪について学びました。皆最後まで興味深そうに耳を傾けていました。
 
f0196517_2122739.jpg

f0196517_21223329.jpg

 
そしていよいよ葡萄踏みです。摘んだばかりの葡萄の粒一つ一つを大きなタライの中に手作業で落とし、きれいに足を洗った子供たちがタライに入って足踏みをしていきます。
慣れない足の裏の感触に戸惑いながらも、大きい子を中心に頑張って踏みました。皆一生忘れられない貴重な経験を脳裏に焼きつけることが出来たでしょう。
      
f0196517_21232717.jpg


踏み終わった葡萄が別の容器に移されました。来春ワインになるまでご主人の細やかな手入れを受けながら発酵を待ちます。その経過についてご主人から丁寧な説明があり、大人たちは質問を交えながら、真剣に聞いていました。
 
f0196517_21235741.jpg

f0196517_21242353.jpg

 
カンティーナの見学を最後に、ワイン造り体験は終了です。
 
f0196517_21245940.jpg
  
 
************************************************
 
以上のような貴重なワイン造り体験だけではなく、実際に製造されたワインまでふるまっていただき、子どもも大人も楽しい初秋の一日を過ごさせていただきました。
最後にこの場をお借りして、大人数を快く迎えて下さり、様々な心配りをしてくださった「カンピューメ」のご主人と素敵な日本人の奥様に参加家族一同、心よりの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。ありがとうございました。
 
アグリトゥリズモ「カンピューメ」のサイトはこちらです。
[PR]
# by manekineko-bo | 2009-09-10 21:30 | まねきねこ会イヴェント