今年度の授業も折り返し地点に達した1月26日、書道家の小平多起(こだいら たき)先生が、子供たちに書道の手ほどきをするため、ボローニャ日本語勉強会に足を運んでくださいました。小平先生は中国の大学で書を学ばれ、現在はローマを中心に活躍されている書道のエキスパートです。また、ローマ日本文化会館では書道の講座をお持ちになっていらっしゃいます。

筆の持ち方、姿勢、左手の置き方を丁寧に指導していただいた後に、一人一人、墨を磨る作業に取りかかりました。最初は緊張気味だった子供たちも、初めての作業に真剣に取り組んでいました。
墨を磨りおえると、いよいよ筆に墨をつけ、横の線、縦の線、細い線、太い線などの基本を習います。思ったよりも難しい作業でしたが、一人一人の線を先生が褒めてくださり、使い慣れない筆を運ぶのが、すぐに楽しくなったようでした。

f0196517_05454161.jpg

半紙にたくさんの線を書いたところで、次は、びっくりするような太さの筆の登場です。子供たちの緊張も一気に解け、歓声があがりました。
半紙の代わりに極太の筆で墨をのせるのは、特大の白い布。
まずは、先生が「土」と「人」の二文字を見事な手さばきで書き、味わいのある見事な作品が完成しました。

f0196517_05453921.jpg
f0196517_05453947.jpg

f0196517_05454182.jpg

続いて、子供たちがそれぞれ心に浮かんだ字を書きます。
意図せず生まれた「かすれ」や墨のハネ、余白までを作品の一部と見なし、
一つ一つの作品を褒めていただく中、子供たちもそれぞれの個性を最大に発揮できたようです。どの子も迷うことなく、しっかりとした筆運びで、のびのびとした作品を完成させました。


f0196517_05454024.jpg
f0196517_05454037.jpg
f0196517_05515795.jpg

f0196517_08152462.jpg
f0196517_08161948.jpg


お手本通りに書くお習字とはまた違う、芸術的な要素たっぷりの書道体験は、
日本語や日本文化を学ぶ子供たちにとって、大きな刺激になったことと思います。
小平先生、子供たちにじっくりお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


[PR]
by manekineko-bo | 2017-01-31 05:53 | 日本語勉強会

1月23日(日)、今年も27家族総勢91名が参加して、まねきねこ会の一大イベントである新年会が開催されました。先週から出ていた予報ではボローニャは暫く雪ということで非常に心配していましたが、幸運にも予報は外れて子供たちはコートを着て外で遊べるくらいのお天気での開催となりました。

f0196517_08262894.jpg
f0196517_08264839.jpg
f0196517_08265937.jpg
f0196517_08271050.jpg


プログラムは、まず恒例の勉強会へ参加している子供たちによる劇からスタートです。今年は、小学校低学年と高学年のグループに分け、それぞれ『おむすびころりん』と『まんじゅうこわい』を演じました。小さい子供たちは可愛らしくそれでもしっかりと、高学年の子供たちは今まで毎年劇を練習してきた経験を生かし、とても堂々と…指導してくださっていた先生も、ずっと練習を見てきた保護者も驚いてしまうほど、立派な出来でした。イタリアの小学校では、何か月もかけて先生やお友達と皆で何か一つのことに取り組む、練習を積み重ねる、という経験は殆どないように思います。この地に暮らす日本人の子供たちにとって、この勉強会での経験は非常に有意義なことであると思います。


f0196517_08272798.jpgf0196517_08273617.jpgf0196517_08280977.jpgf0196517_08290316.jpg




































勉強会に参加していない子供たち、すでに勉強会を卒業していった子供たちも参加できる楽器の演奏の発表も、毎年楽しみな企画の一つです。今年も8人の子供たちが、バイオリン、ピアノ、ギターの特技を披露して参加者から拍手を貰っていました。毎年上達していく子供たちの演奏を観ることは、ほかの子供たちにもとてもいい刺激になります。いつもは賑やかな子供たちが、演奏に魅入っている姿がとても印象的でした。


f0196517_08291468.jpgf0196517_08231100.jpgf0196517_08231018.jpgf0196517_08231110.jpg





































今年は新しい企画や楽しい企画も多く取り入れました。毎週土曜日に行われている勉強会は、日本語の勉強2時間+様々な音楽ラボ・美術ラボ1時間の時間割で行われているのですが、その中の音楽ラボで練習した歌(春が来た・さんぽ)を皆で歌ったり、リコーダーと打楽器での演奏(ミッキーマウスマーチ)を披露しました。また、出し物のコーナーでは保護者の方々も参加してのパン喰い競争と、兄弟姉妹&お友達と組んでの二人羽織で楽しみました。普段あまり会への参加の機会のないイタリア人のお父様方も大活躍で、子供たちは大喜び。今年の子供たちへのプレゼントはアタリとハズレを設けて色々な品を用意していたので、あちこちで子供たちの喝采があがり、ママ手作りの梅干し入りロシアンルーレットシュークリームでは大人も子供もとても盛り上がりました。

f0196517_08231007.jpg

f0196517_08231229.jpg
f0196517_08303178.jpg

f0196517_08315939.jpg


まねきねこ会の活動の根っこであるともいえる読み聞かせは新年会の場でも必ず行われます。今回も今の季節にちなんだ絵本や楽しい絵本『もちっこやいて』『せつぶん』『しろくまのパンツ』『ふゆじたくのおみせ』と紙芝居『まんまるまんま たんたかたん』を読み聞かせ上手のお母さん達が読み始めると、子供たちは皆食い入るように絵本の世界に入っていきました。

f0196517_08230800.jpg


会の最後は、もはや新年会には欠かせない獅子舞(日本人パパ大活躍!)が登場して大人も子供も率先して頭を噛んでもらい、『君が代』『赤いスイトピー』『世界にひとつだけの花』の3曲の保護者たちによるコーラスで締めくくられました。今年は、例年以上にプログラムも盛り沢山で更に笑顔の多く見られた新年会となりました。参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました。今年も勉強会を筆頭に、楽しいイベントを企画していきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

f0196517_08315079.jpg
f0196517_05433739.jpg


[PR]
by manekineko-bo | 2017-01-25 07:25 | まねきねこ会イヴェント

新年あけましておめでとうございます。

2017年もスタートし、1週間が過ぎましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、2017122日に開催予定の「新年会」プログラムができましたのでご確認をよろしくお願いいたします。当日は11時開始(10:45会場)となっております。また、会費、持ち物などは以下の通りです。

◆◇新年会概要◇◆

【開催日】2017122() 11:00-15:30

【場所】Centro Intercultural M.Zonarellli

Via GO.A.Sacco, 1440127 Bologna
市バス21(Lavoro下車)または21("Pezzana下車)

【会費1家族につき)】まねきねこ会本会員2ユーロ、まねきねこ会準会員、会員以外5ユーロ

【持ち物】

1. 各家族、水以外の飲み物を1と、スナック菓子以外の食べ物で昼食となるような、主食系、おかず系の2をお持ちください。手作りの品は大歓迎ですが、市販品でも結構です。
(分量の目安:参加者全員に食べ物が行き届くよう、例えば、小学生のお子様がお二人いらっしゃる4人家族ならA5-A4サイズ程度(46 porzioni)の容器2つ程度をお願いいたします。1人でご参加の方は、ご自身のお弁当くらいの量をお持ちください。)その他、ドルチェなど第3品目の持ち寄りももちろん大歓迎です!!

2. ママさんコーラスの歌の歌詞が必要な方は事務局にご連絡いただき、歌詞を各自印刷してお持ちください。

3. ミニマーケット『売ります譲りますのコーナー』用商品(任意)
新年会開催中に、ミニマーケット『売ります譲りますのコーナー』を設置いたします。ご家庭で使っておらず、他の方のところで第2の人生を!というような商品(新品、使用品問わず)がお手元にありましたら是非お持ちください。(タグのひな型がありますので、お持ちでない方は事務局にご連絡ください。)

【事務局から、本会員の皆さまへのご連絡】

2017年のまねきねこ会の会費(30ユーロ)を集金させていただきたいと思います。ご準備の程、どうぞよろしくお願いいたします。

・新年会に参加されない正会員の方は、1月中に土曜日午前中(10時〜1245分)に東洋美術研究所までお持ち下さるようお願いいたします(事務局まで)

それでは、22日に皆さまにお会いできますことを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。



f0196517_19491397.jpg



[PR]
by manekineko-bo | 2017-01-12 19:50 | まねきねこ会イヴェント