第56回オープン読み聞かせ会

3月16日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、第56回オープン読み聞かせ会が行われました。寒さも和らいだためか、図書館を訪れる人が多く、たまたま足を運んだ家族の方々も参加してくださいました。

絵本の読み聞かせは『もったいないばあさんのいただきます』(真珠まりこ:作・絵 講談社)から始めました。「ちゃんと何でも食べなさい」とお母さんに言われるのは嫌でも、なんとなく憎めない「もったいないばあさん」に言われると、子供たちの好き嫌いもなくなりそうですね。 次は、図書館の書架から『どうするどうするあなのなか』(きむらゆういち:作 高畠純: 絵 福音館書店)を読みました。縦長に開く変わった絵本で、ねことネズミがどうやってあなのなかから出るか、というお話です。
f0196517_622590.jpg

3月19日の父の日にちなんで選んだ絵本は『ねえ、とうさん』(佐野洋子:作・絵 小学館)です。お父さんに憧れるクマの子のお話を、参加者のお母さんがほのぼのと読んでくださいました。

紙芝居の『いもころがし』では、おしょうさんのまねをするこぞうさんと、そのやりとりが面白く、みんな大笑いでした。

最後に折り紙で、クチバシが動くパクパクからすを折りました。みんな自分で折れるようになり、2羽目に挑戦する子たちもたくさんいました。
f0196517_6221054.jpg


色とりどりのカラスたちです。
f0196517_64559.jpg


来月は4月20日(水)です。たくさんの親子のご参加をお待ちしています!
[PR]

by manekineko-bo | 2016-03-23 06:24 | オープン読み聞かせ会

第49回サラべべ読み聞かせ会

【次回開催日程に変更あります】

3月10日今年初めてのサラベベが行なわれました。
今回も「いないいないバア」と「だれかな?」カードを使って
かわいいイラストの動物当てで始まり、「くっついた」と「ぶうぶうぶう」を聞いて、
お母さんとのスキンシップを楽しみました。
最後はCDを聴きながら参加者全員で手遊び歌の身体表現をして解散。
来月は14日の予定です。4月7日に変更されました。ご注意下さい。
0歳から3歳ぐらいのお子さんの参加をお待ちしています。


f0196517_20423316.jpeg

f0196517_20443026.jpeg

[PR]

by manekineko-bo | 2016-03-16 07:28 | Sala Bebe読み会

特別ラボ「ナイチンゲールが教えてくれたこと」

2月27日(土)のユミラボは、山梨県立大学看護学部教授の清水惠子先生をお迎えしての特別ラボ「ナイチンゲールが教えてくれたこと。」が行われました。

クリミア戦争でたくさんの兵士を救った、看護師ナイチンゲールのお話を中心に、感染から自分を守る大切な手洗いについても、実際に子供たちに手洗いのご指導をしていただきました。

始めに、子供たちが調べてきてくれたたナイチンゲールについての事柄をそれぞれ発表してもらいました。とても詳しく調べてきてくれたお友達もいて、清水先生も感心されていらっしゃいました。


f0196517_7282271.jpg



ナイチンゲールについて勉強した後は、今度は手洗いをすることの大切さについて先生からお話をお聞きしました。そして、実際の手洗いの仕方を、まずはみんなで練習しました。自分の手を見ながら、「どこにばい菌がついているのかな?見えないね?」


f0196517_7284872.jpg



さて、今度は実際に水と石鹸で手洗いをしてもらいました。先ほど習ったことをよく考えながら、しっかり丁寧に洗っていきます。


f0196517_7291260.jpg


f0196517_7293527.jpg



手洗いの終わった子供たちは、自分の印象に残った、お医者さんや看護師さんとの思
い出を絵に描いてもらいました。最後はみんなで記念撮影!

はい、ポーズ!!! 


f0196517_7295825.jpg



清水惠子先生、丁寧に、そして貴重な手洗いのご指導もしていただいて、本当にありがとうございました。
子供たち、看護師さんのお仕事はもちろんのこと、しっかり手洗いの大切さと洗い方も学んでくれたようです。
[PR]

by manekineko-bo | 2016-03-01 06:41 | 日本語勉強会