「スペシャルゲスト、仲間裕子教授が語る・・日本美術の美意識について」

2015年11月24日(火) 午前10時〜 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d'Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)

第13回目の「ママのためのレクチャー」は、日本の西洋美術史研究の第一人者である、立命館大学産業社会学部教授の仲間裕子先生を特別講師にお迎えして、西洋美術を学んだからこそ開眼した、世界最高レベルといえる日本美術の素晴らしさについて、熱く語っていただきました。

まずはご自分のご専門のドイツロマン主義美術の研究に至ったいきさつなどを通しながら、18世紀後半に描かれたフィリップ・ハッケルトと円山応挙の2つの滝の絵を比べて、西洋ではかたや、その表現は視覚重視であるのに対し、日本では感性の重視、多視点、そして人間と風景が同一空間に存在するなどの違いをご指摘いただきました。

f0196517_0465916.jpg

そして、日本の美意識のキーワードである「かざり、みやび、わび、幽玄、綺麗さび」の解説。
風流の精神の結実としてのかざり、こういった日本美術の特徴の源泉は、平安時代の貴族がつくりだしたものであり、極めて少数の平安貴族により、京都という、限られた場所で生み出されたということも新鮮な驚きでした。

f0196517_0472597.jpg

また、11世紀の日本美術の代表とされる仏像の見方の重要性についてもご説明いただきました。
どのように見るのか・・・その環境、月の光や影、風、水などを感じながら。
特に例を挙げてお話しくださったのは、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像についてでした。
12世紀の絵巻物、そして飾りの黄金時代といえる桃山美術。その対局のような千利休の「わび」の世界。

1933年来日したドイツ人ブルーノ・タウト氏が絶賛した「桂離宮」の素晴らしさについてのお話も大変興味深いものでした。

そして最後に、長谷川等伯の「四季柳図」を見せていただきながら、日本美術に影響を受けたモネの「睡蓮」との関連性についてご説明いただきました。

イタリアにいながら、日本美術の素晴らしさについて、再発見する機会をいただけたことは、たいへんありがたく、たくさんの貴重なお話を論理立てて、わかりやすくご説明いただいて、素晴らしかったです。

f0196517_047541.jpg

仲間裕子先生、ご多忙中にも関わらず、おいでいただきましてありがとうございました。
参加者一同、深くお礼申し上げます。

西洋美術史の研究者でいらっしゃるからこそ、お分かりになる日本美術の特性や、その魅力など、先生の世界観をお聞きして、私たちも新たな発見と見識を深めることができました。

本当にありがとうございました!!

(レクチャー担当・烏丸)
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-29 00:51 | ママのためのレクチャー

勉強会便り

今回のユミラボは「デザイン、シンメトリーのコラージュ・A とB」

高学年の子供たちとのラボです。正方形の紙を切ったりちぎったりして、形や色に注意しながら、構成していきます。自分でも思いがけない形が現れたり、色の組み合わせにハッとしたりして、みんな、楽しそうです。


f0196517_19124063.jpg



1枚目の作品ができたら、2枚目は、下地に色紙や雑誌から切った正方形をあらかじめ貼って、そこにまたシンメトリーのいろんなパターンを思い思いにコラージュします。ほらっ、早いね。もうすぐ2枚目できそう・・。


f0196517_19133060.jpg



短い時間でしたが、3枚完成できたお友達も何人かいましたよ。最後は、それぞれ完成作品を手に持って、全員でパチリ!


f0196517_19145572.jpg



みんな、よく頑張りました。
また、楽しいことやろうね。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-23 19:16 | 日本語勉強会

「スペシャルゲスト、仲間裕子教授が語る・・日本美術の美意識について」



2015年11月26日(木) 午前10時〜 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d'Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)


第13回目の「ママのためのレクチャー」は、日本の西洋美術史研究の第一人者である仲間裕子先生を特別講師にお迎えして、西洋美術を学んだからこそ開眼した、世界最高レベルといえる日本美術の素晴らしさについて、皆様にじっくりお話ししていただきたいと思います。

現在、ボローニャ大学教授との共同研究のためにボローニャに滞在中の仲間裕子先生は、立命館大学で教鞭をとりながら、ご専門のドイツ近・現代美術史研究を続ける一方執筆活動や学会での発表、海外でのシンポジウムの参加など、国際的に活躍していらっしゃる方です。

西洋史の研究者でいらっしゃるからこそ、お分かりになる日本美術の特性や、その魅力など、先生の世界観をお聞きして、私たちも新たな発見と見識を深めることができればと思います。
先生の素晴らしい、興味深いお話にきっと堪能していただける事と思います。
お楽しみに!そして、この貴重な機会をお見逃しなく! (講義は日本語です。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仲間裕子(なかまゆうこ)

津田塾大学国際関係学部卒業後、ベルリン自由大学美術史研究所に留学。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在は立命館大学産業社会学部教授。主要著書・論文: Caspar David Friedrich und die Romantische Tradition, Moderne des Sehens und Denkens (2011), Riflessi del collezionismo tra bilanci critici e nuovi contribute (共著, 2014), 『自然の知覚─風景の構築。グローバル・パースペクティヴ』 (共編, 日英バイリンガル出版2014),「自然を発見する?─ロマン主義的表象の再考」(『思想』, 2009)。美学会委員、京都市立美術館評議員、ゲティ財団プログラム(Art in Translation)諮問委員など。



レクチャー終了後、午後12時30分ごろより先生を囲んでの昼食会を予定しております。
こちらもぜひご参加ください。

レクチャー参加費・お一人3ユーロ 
(参加人数によっては、少し変更するかもしれません。ご了承願います。)
参加希望の方は、11月21日(土)までに事務局(manekineko.bo@gmail.com )までご連絡ください。
(ランチ参加の有無もお知らせください。)

たくさんの皆様のご参加をお待ちいたしております!
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-16 07:48 | ママのためのレクチャー

11月11日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本のオープン読み聞かせ会が行われました。同日、図書館前のマッジョーレ広場ではチョコショーが開催されており、大変な賑わいを見せていましたが、読み聞かせ会にもたくさんの親子が参加してくれました。

まずは、先月の「ほんとのおおきさ水族館」につづき、「もっと!ほんとのおおきさ動物園」を見ながら、動物の名前やその特徴を日本語で言ってみました。見開きになったライオンのページはすごい迫力で、子どもたちが絵本の前に集まってきました。
f0196517_60435.jpg

つづいて、「だるまちゃんとてんぐちゃん」「ないた」などのお話を読みました。
毎月恒例になった紙芝居も楽しいひとときです。「めだかのめめちゃん」を読み終わったあと、小さなお子さんから「もう一回!」という声があがりました。もう一度読んであげたいところでしたが、代わりに「めだかの学校」を歌ってみました。
最後の折り紙ラボでは、「犬」を折りました。比較的簡単だったので、初めて挑戦した子どもたちも上手に折れて、一緒に来たお母さんやおじいさん、おばあさんに満足そうに見せていました。

次回は12月2日(水)です。2015年最後の読み聞かせ会となりますので、ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-16 06:17 | オープン読み聞かせ会

11月のサラベベ読み会には、3ヶ月の赤ちゃんから2歳児までの大勢の子供たちが集まりました。

今月も引き続きフラッシュ・カードで “いないいないばぁ“ と “あっぷっぷ“ の遊びで、動物の名前と鳴き声に親しんでもらいました。
イタリア人の子供たちも “あっぷっぷ“ が大好きでした。
読み聞かせの本も、カード遊びの動物のテーマにあわせて、”ぴょーん”などで、お母さんと一緒にジャンプをしてもらいました。
最後のお歌は、童謡のCDに合わせて皆で手遊び歌を楽しみました。
一人で踊る2歳児や、つかまり立ちで一生懸命体を動かす元気な姿がとても印象的でした。


さて、次回の読み会は、来年の3月となります。
皆様が健やかに年末シーズンを過ごし、元気な姿で再開できますように。


f0196517_42714.jpg

[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-14 04:02 | Sala Bebe読み会

2016年 新年会のお知らせ

San Martinoの夏らしく暖かい日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、例年、まねきねこ会では「クリスマス会」を行っておりましたが、今年度は日本の文化を理解していただくよい機会ということもあり以下の要領で「新年会」を開催する運びとなりました。

恒例となっている子どもたちの劇や本の読み聞かせ、特技披露、一品持ち寄りに加え、今年はイタリアではなかなか味わうことのできないお汁粉も振る舞われる予定です。寒い冬の一日をみんなで心もお腹も暖かくすごしませんか?少し先の予定ですが、今から是非カレンダーに「新年会」の予定を入れておいてくださいね。



【新年会概要】

開催日:2016年1月24日(日) 11:00-16:00

場所: Centro Intercultural M.Zonarellli

    Via GO.A.Sacco, 14、40127 Bologna
市バス21(“Lavoro”下車)または21("Pezzana”下車)

会費: 会員、準会員ごとに設定(数ユーロを予定しておりますが、最終金額は参加人数により決定)。

持ち物:各家族、水以外の飲み物を1本とスナック菓子以外の食べ物を1品お持ちください。
(今回はお昼の時間をはさんでおりますので、昼食となるような食べ物(主食系、おかず系)をお持ちいただけるとありがたいです。)



つきましては、以下の2点を皆さまにお願いしたいと思います。
ご連絡はまねきねこ会事務局( manekineko.bo@gmail.com )までお願いいたします。

① 「新年会」参加のご連絡:2015年12月10日まで
参加者全員のお名前、お子様の年齢をご連絡ください。
(「新年会」で子どもたちへ配るプレゼントを準備する関係上、12/10までにお知らせいただけると幸いです。)

② 特技披露への参加のご連絡:2015年12月10日まで
例年同様に、お子様の特技(楽器演奏)などをご披露されたい場合は、お子様のお名前、年齢、簡単な特技の内容をご連絡ください。また、プログラムの関係上、各お子様の持ち時間は5分程度を予定しております。

それでは、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-11 07:01 | まねきねこ会イヴェント