文庫だより 2015年 4月号

すっかりポカポカ春ですね。
復活祭は楽しく過ごされましたか?
復活祭が終わって、夏休みも目の前です!

4月の始めに開催された、ブックフェア。
f0196517_2255168.jpg

期間中にいらしていた、いわいとしお先生、田中清代先生、そして原画展をひらかれたいもとようこ先生が文庫の本にサインをしてくださいました!

f0196517_913655.jpg

f0196517_9133621.jpg


f0196517_914415.jpg

f0196517_9143611.jpg


f0196517_9102069.jpg

f0196517_9123746.jpg


今回ご紹介するのは「c-a 6-10歳 絵本」の本です!
「c-a」は、お話が長いのが特徴です!
絵本から本...というと、難易度が高く感じるかもしれませんが、
絵本の形をしているので、手に取りやすいです。
少し長いお話を読みたくなったらぜひ!

「たつのこたろう」
作: 松谷 みよ子
絵: 朝倉 摂
出版社: 講談社
貧しい村に住んでいるたろう。
たろうのお母さんは、
ある日竜になってしまいました。
なぜ竜になってしまったのでしょう。

「おしいれのぼうけん」
作: ふるた たるひ たばた せいいち
出版社: 童心社
イマドキの子供たちは「押入れ」と聞いても
ピンとこないかもしれませんが...
暗いところでドキドキした経験はあるはずです。
あなたの「こわいもの」は何ですか?

5月 12 日に本のバザーを行う予定です。
お楽しみに!
文庫係
[PR]

by manekineko-bo | 2015-04-25 16:06 | 文庫

第43回 サラべべ読み聞かせ会

4月のサラベベ読み会は、5ヶ月から2歳までの子供たちが沢山集まり、大変にぎやかの読み会となりました。

f0196517_433599.jpg


今月の読み聞かせで人気だった本は "まてまて" と "ちゅちゅっ" でした。
ページをめくるたびに、声を上げて笑う赤ちゃんの姿に皆が微笑んでいました。


f0196517_4323952.jpg


今月のお歌は、ベルの演奏にあわせて歌った、手遊び歌が盛り上がりました。
毎月常連のイタリア人ママ達も、日本語の手遊び歌に少しずつ慣れてきた様子です。


f0196517_4332474.jpg

[PR]

by manekineko-bo | 2015-04-23 22:07 | Sala Bebe読み会

第49回オープン読み聞かせ会

4月15日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第49回オープン読み聞かせ会が行われました。天候にも恵まれ、たくさんの親子が集う楽しい会になりました。

初めて参加してくださったイタリア人の親子2組のリクエストにこたえ、折り紙から始めました。今回はハトです。お母さんや大きい子どもたちに手伝ってもらいながら、全部一人で折ってみました。最後に、ちょっとむずかしい中割り折りでくちばしを作ったら完成!羽まで描いて、すてきなハトさんになりましたね。
f0196517_5103793.jpg


絵本は昔懐かしい本から、『とこちゃんをさがせ』、『ぐりとぐら』を読みました。すぐに親から離れてとことこかけだしてしまう男の子「とこちゃん」をみんなでさがした後は、ぐりとぐらになったつもりでお料理を楽しみました。
f0196517_5234285.jpg


紙芝居の「おおきくおおきくなあれ」では、子どもたちが声で元気に参加してくれたおかげで、ぐりとぐらのカステラにも負けない大きなケーキができました。

最後に、「むすんでひらいて」、「とんとんとんとん ひげじいさん」、「いとまきまき」などの手遊び歌を歌って終わりました。
f0196517_5394428.jpg



次回の5月13日(水)は、今年度最後の会になります。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
[PR]

by manekineko-bo | 2015-04-20 05:41 | オープン読み聞かせ会

春のピクニック&課外授業@ReMida

パスクア(復活祭・イースター)の休暇も明け、ボローニャは暗く長かった冬からやっと抜け出すことができました。そして、春の訪れが本格的に感じられるようになってきた4月11日(土)、子供達も保護者の皆さんも楽しみにしていた今年度初めての課外授業が行われました。

行き先はReMida Bologna…レッジョ・エミリアに本部を置き、現在はイタリア国外も含めて17箇所で活動を展開する文化プロジェクト施設です。主に企業から提供された様々な不用品・廃材を保管、メンバー(学校や幼稚園などにも)に提供し、それらを使って新しい価値や美を見出すべく様々なプロジェクトやワークショップ等も行っています。


f0196517_6131151.jpgf0196517_615687.jpg

f0196517_1924513.jpg




午前中は、こちらの施設の中を見学し担当の方から説明をしていただきました。施設内はとても可愛らしく、不用品・廃材とは言え本当にセンス良くまた綺麗な状態で全てが保管してあり、子供達にとっても大人たちにとっても非常にワクワクする空間でした。男の子は主に木材、女の子はやはり小さな布の端切れや細々したボタンなどを手に取っているのがとても印象的でした。


f0196517_6161620.jpgf0196517_6163773.jpg

f0196517_617197.jpgf0196517_6173147.jpg



外の大きなお庭で皆でお弁当を食べ、遊んだ後はラボの時間です。幼稚園児など小さなお子さんも含め、皆で絵の具を使い、ローラー・筆・スタンプ・スポンジ等を使って施設の方が本の様に綴じて用意してくださった紙に好きなように色を塗りました。作り終わった後は表紙にRemidaのスタンプを押してもらい、名前を書いて自分だけの素敵な作品の完成です。創造的な明るいお部屋で皆で作業をしたことは、きっと子供達の素敵な思い出になるでしょう。


f0196517_6205435.jpgf0196517_6232353.jpg



ラボが終わってからも、お庭で遊ぶ子供もいれば引き続き施設内で色々な物を創り出す子供達もいて皆それぞれ楽しく過ごしました。特に、木材を利用してドリルやノコギリを使っての作業はやはりお父さんが大活躍。子供達もちょっとお父さんを見直している様子であったのと、お父さん達も子供達以上に集中して楽しそうにしていたのが印象的でした。これからが本当にボローニャが素敵な季節です。楽しいイベントも沢山企画していきたいですね。
[PR]

by manekineko-bo | 2015-04-15 06:04 | まねきねこ会イヴェント