第44回 オープン読み聞かせ会

10月15日(水)、ボローニャのサラボルサ図書館で第44回オープン読み聞かせ会が行われました。

今回の折り紙ラボには、さまざまな国籍や年齢の子供たちが参加してくれました。折った「カエル」にそれぞれ顔を描き、指でピョンと跳ばして遊びました。折り紙に続いて、「かえるの歌」の合唱に挑戦です。子供たちは「ゲロゲロゲロゲロ、クワックワックワッ」という日本語の鳴き声を楽しんでいたようです。

f0196517_2329314.jpg

絵本の読み聞かせは「にょきにょきの木」から始まりました。くり返す「にょきにょき」という響きや、想像もできないようなモノや動物が生えてくる不思議な木に自然と目と耳が惹きつけられます。

f0196517_23294565.jpg

このほかに、朝起きたらお父さんになっていた男の子の一日を描いた絵本「ぼく」や、紙芝居「ごきげんのわるいコックさん」などを読みました。また秋の季節にちなみ、「大きな栗の木の下で」を振り付けをしながら歌い、にぎやかに読み会を終えました。

次回は11月19日(水)です。皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-10-22 23:25 | オープン読み聞かせ会