特別ラボ「絞り染めで、自分だけのオリジナルTシャツを作ろう!!」

ここ数年続けてやっている人気のラボです。

今年初めて挑戦する1年生のクラスは、紺の一色染め、
そして他の2クラスは今回初めて多色染めに挑戦することになりました。
はじめに、辻本先生から絞り染めの方法、それから作業内容の説明をしていただきました。

1年生の子供達は、お母さん方のお手伝いをいただきながら、キャップやお菓子の型、ビー玉等ををシャツでくるんだり、糸でぐるぐる巻いてみたり、それぞれ工夫しながら下準備をします。

絞り終わった子供達のTシャツを、先生が用意した染料と定着材、塩等を溶かしたお湯の入った大きな鍋に浸していきます。

子供達は、好奇心旺盛で真剣な表情で先生の作業を見つめています。このまま、しばらく浸け置きします。

f0196517_22565035.jpg


そ、そして・・・小さい子供達の1色染めのほうは、染め上がったTシャツを開いてみると
f0196517_22573481.jpg

こーんな素敵な模様が・・・! ちょっと藍染めみたいですね。
みんな、大喜びで自分のオリジナルTシャツに大満足!!
f0196517_22591972.jpg


さて、多色染めに挑戦する子供達は、アイデアスケッチができた子から、自分で考えた模様や、形を確認しながら、先生の指導を元に、Tシャツを丸めたり、手で中心に向かって渦巻きのように絞り込んだりして、思い思いのやり方で、糸で巻きつけたり、輪ゴムで止めたりしていきます。
f0196517_2301411.jpg

形が出来上がった子供達から、こんどは筆で、染料を直接Tシャツに塗っていきます。
f0196517_2305093.jpg


多色染めの子供達も、染めあがったTシャツをほどいて、開いてみると・・・
な、なんとこんなに素敵な模様が・・・!!!
f0196517_2312723.jpg


子供達は、自分だけのカラフルな絞り染めTシャツに大満足!!!

f0196517_2321021.jpg


辻本先生、今回もすばらしいラボをありがとうございました。
子供達は自分達の作ったTシャツを宝物のように、ずっと大切にすることでしょう。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-27 22:52 | 日本語勉強会

日本語勉強会特別ラボ「いけばな」

4月5日と12日の勉強会では、いけばなの特別ラボを行いました。挑戦したのは、星・月・宙組の子供たち、教えてくださったのは、草月流の平尾よし子先生です。
まず、先生が道具の説明や、「花の水切りは、必ず水の中でする。」、「剣山には真直ぐに挿し込み、それから活けたい方向へ傾ける。」などの約束事を教えてくださりながら、カサブランカを中心に一作品活けてくださいました。
今度は、子供たちがお家から持ってきた器に思い思いに好きな花をいける番です。水切りする花の長さも好き好き、みんな真剣な表情で、次々に花を挿していきます。
f0196517_00542212.jpg
「完成(!)と思ったら、一歩下がって眺めて、一本抜きましょう。」という先生のアドヴァイスを受けて完成したのが、これらの作品、写生した後、みんなで記念撮影しました。
f0196517_0335537.jpg

f0196517_02733.jpg

いけばなの作品はそのままでは、もって帰れません。一期一会のはかない瞬間でしたが、一本一本抜いていき、花束にしてお家に持って帰りました。
先生からは、剣山がない場合でも、オアシスを使うと上手にいけられると教えていただきました。子供たちも花を身近に感じ、またお家で活けてくれることでしょう。
平尾先生、すてきなラボをありがとうございました。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-26 00:18 | 日本語勉強会

第41回 オープン読み聞かせ会

4月12日(土)、ボローニャのサラボルサ図書館で第41回オープン読み聞かせ会が行われました。
今回最も注目を集めた本は、「ほんとのおおきさ動物園」です。
f0196517_8331955.jpg

その大きさはもちろん、動物たちのリアルでどこかユーモラスな姿にも自然と目が釘付けになります。意外と知られていない動物の秘密もわかって、親子ともども満足できました。
また、「どこ?とびらのむこうのさがしもの」を読みながら、写真の中からさがしものをして遊んだのも、楽しいひとときとなりました。
次回の5月17日(土)は、今年度最後の読み会となります。
絵本の読み聞かせのほかに恒例の折り紙や手遊び歌も用意して、たくさんの方々のご参加をお待ちしております。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-15 08:22 | オープン読み聞かせ会

第38回 サラべべ読み聞かせ会

今月のベベは、「はらぺこあおむし」と「なにかな」を読んだ後、手遊び歌の「はじまるよ」「とんとんとんとんこぶじいさん」「グーチョキパーでなに作ろう」「すうじのうた」を歌いました。
f0196517_0451162.jpg

お母さんと一緒に上手に手遊びが出来ました。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-14 00:41 | Sala Bebe読み会

藤本ともひこ先生  絵本ライブ in Bologna まねきねこ会

今年もボローニャでブックフェアーが開催されました。
その期間中、藤本ともひこ先生が、ボローニャにいらっしゃいました。
藤本先生は、絵本だけでなく、遊び歌の作詞や子どもの遊びなど様々な創作活動をしていらっしゃいます。

「絵本ライブ イン ボローニャの幼稚園」もありました。
「国は違っても、子どもたちはどこも一緒でかわいい!」とおっしゃっていました。
今までしたことのない、新聞紙を使った遊びに子どもたちは大興奮!
絵本はもちろん、歌や手遊びもあって、子どもも幼稚園の先生もとても喜んでいました。
f0196517_2130334.jpg

そして、幸いなことに藤本先生がまねきねこ会の子どもたちにもワークショップをしてくださいました。
f0196517_21303093.jpg

「おかあさんといっしょ」で歌われている先生の歌を聞いてから、絵本の読み聞かせの始まりです。
「ねこときどきらいおん」「しーらんぺったん」どれも子どもたちが参加しながらの読み聞かせで、
「いただきバス」を読んでいただいたころには、ワイワイ楽しそうに体を動かして、隣の子とコチョコチョくすぐりあいです。
f0196517_2130575.jpg

その後は、工作です。
紙を折って丸めると・・・初めて見る形の飛行機が完成です。
f0196517_21312186.jpg

手の力のない小さな子どもでも、息を吹きかけるだけでまわるこま。
うまく形を作らないといけません。
こまの上からやさしくフーッ、さあ、まわるかな?
f0196517_21314254.jpg

そして、工作の最後は「一番遠くまで飛ぶ紙飛行機」の作成です。
藤本先生が丁寧に教えてくださいました。
f0196517_21322824.jpg

工作の後は、絵本を読んでくださいました。
子どもたちもすっかり慣れて、こんなに興味津々!
「ばけばけはっぱ」葉っぱの下にかくれているのは何でしょう?
f0196517_21344525.jpg

出てきた生き物に大喜びです。
f0196517_21351134.jpg

そして「すっぽんぽん」!
題名を聞いただけで笑いが起きます。
f0196517_21353351.jpg

最後は藤本先生と一緒に記念撮影です。
f0196517_21355261.jpg

来ていた子供たちの年齢幅が広かったので、子どもの反応は様々。
異なる反応の仕方に、子どもたちの成長の様子を見ることができました。

とっても楽しいワークショップ、藤本先生ありがとうございました!!!
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-02 21:25 | 日本関係イヴェント

「文庫便り」

ボローニャ児童書ブックフェアー参加のためにボローニャにいらっしゃっていた、講談社の児童局の方がお二人、東洋美術研究所と所内のまねきねこ文庫を見学するために来訪してくださいました。

まず、研究所内の日本の美術書をはじめとする約2万冊の蔵書の数にびっくりされていらっしゃいました。
加えて、日本の児童書が2000冊以上書架に並ぶまねきねこ文庫の充実した内容にも、とても驚いていらっしゃいました。
f0196517_62428100.jpg

「子供達にはどんな本が人気がありますか?」、「お母さん達は、どのような本を借りていかれるのですか?」
など、いろいろな質問がでました。
最後は、今の日本の子供達の本離れの現状と、その抑止策等についてもお話いただき、たいへん興味深かったです。
f0196517_6261380.jpg

こうして、実際に出版社の方に来ていただいて、いろいろとお話を伺う貴重な機会を持つことができて、たいへん光栄でした。
これからも、活発に書誌活動を進め、まねきねこ文庫をさらに充実したものにしていきたいと思います。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-01 06:18 | 文庫