まねきねこ便り 初夏号

さて、イタリアの長い長いヴァカンスをみなさんどのようにお過ごしになられるのでしょうか。海に、山に、日本にとヴァカンスはヴァカンスでなかなか忙しいのですよね。
 さて、今回の文庫便りでは特に夏休みに向けてお勧めの本の紹介をしていきます。今週末(5月26日)が今年度最後の貸し出しとなり、夏休み明けの9月まで一旦文庫はお休みとなります。夏休みの間は15冊まで貸し出し可能になっています。時間に余裕のある夏の間に、子供たちと一緒にゆっくり絵本を開いて見てください。


いないいないばあ   松谷みよ子(文)/瀬川康夫(絵)  童心社


ご存じの方も多いかもしれません。「ばぁ!」と出てくるクマさん達の表情が明るく、どこかひょうきんで、親子で楽しく読める最初の絵本の代表です。(0-3才)


おいしいおと   三宮麻由子(文)/ふくしまあきえ(絵)   福音館書店


ごはんを食べるとき、どんな音がしているかしら?子どもと一緒に改めて気がつかされる、おいしそうな音。食事がまたまた楽しくなる本。(0-3才)


ひとりでうんちできるかな  きむらゆういち 偕成社

トイレで「うーん」とうなっていた猫さんが、次のページでは、爽快の笑顔で万歳をしていていかにも嬉しそう。表情豊かな動物たちが面白い一冊です。(0-3才)


すうじのえほん   カワツナツコ 新風舎


かくれている数字を探しながら、親子で遊べる絵本です。優しい配色の貼り絵で描かれた動物や果物を見ていると、子どもとの会話がどんどん膨らみます。(3才くらいから)


エンソくんきしゃにのる(月刊こどものとも)   スズキコージ  福音館書店
ほげた町からおじいさんの田舎ほいさまで、エンソくんは一人で汽車旅行をします。一人で汽車に乗るだけでも大冒険なのに、スズキコージさんの世界はそこで終わってくれません。途中で乗ってくるヒツジの群れや、ふしぎな駅弁、エンソくんはおじいさんのところに無事に到着するのでしょうか。(年長さんから)


めっきらもっきらどおんどおん   長谷川摂子(文)/降矢なな(絵)  福音館書店


お宮に出かけて行っても遊ぶ友達がおらず、「めっきらもっきらどおんどん」無茶苦茶な歌を歌っているうちに、お化け達に呼び寄せられて…。子供が夢見る異次元に連れて行ってくれるお話です。(年長さんから)


かいとうドチドチびじゅつかんへいく   柏葉幸子(作)/神山ますみ(絵)  講談社
怪盗ドチドチは、そんじょそこらのどろぼうとは違います。何か盗めば必ず代わりに何かを置いていく「とりかえっこ泥棒」なのです。(小学校低学年から)


森はたのしいことだらけ   田島征三(作)   偕成社


キフちゃんと弟のトホ君とねこのロンロが森へ遊びに行きます。素っ頓狂な展開は、自然の生命力から生まれた創造力からくるのでしょうか。自然に触れる機会の多い夏休みにお勧めの一冊。(年長さんから)


たなばたまつり   松成真理子(作)   講談社


七夕の日を前に、笹の葉に願い事を書きに来る小学生、短冊にお絵かきをする小さな妹を優しく見守るやんちゃ坊主などほほえまい小さな町の様子を描いた絵本です。(年長さんから)


ひろしまのピカ   丸木俊(文・絵)丸木位里(協力)  小峰書店


イタリアに暮らす子供たちに、広島のことをどのように伝えていくか。戦争の恐ろしさに加えて、福島の原発事故を受けて原子力を持つ事についても再度考えさせられている今、まず子どもに読み聞かせる前に、一度私達大人も読みなおしてみたい一冊です。(小学校中学年くらいから)


カイロ団長   宮沢賢治(作)/村上勉(絵)   偕成社


トノサマガエルのカイロ団長が、お人よしのアマガエルたちを無理やり働かせる宮沢賢治独特の風刺のきいたお話。時間のある夏休みにじっくり読んでみたい本です。(小学校中学年くらいから)

さわがにベンベ   七尾純(作)久保秀一(写真)   偕成社


ちいさなさわがにベンベが自然の中で生き抜き大きく成長していく姿が、美しい写真と共に語られます。物語として読める「かがくえほん」です。(3才から)

More
[PR]

by manekineko-bo | 2012-05-21 23:21

日本語勉強会オープンスクールのお誘い

そよぐ風に夏の到来を感じる季節となりました.

さて、子どもたちの日本語勉強会も6月から夏休みに入ります。
つきましては、オープンスクールを以下の要領で行いたいと思います。

日時:5月26日(土) 10:50〜12:50 (10:50〜11:30 授業、11:40〜12:50 学習発表会と表彰状授与)
場所:東洋文化研究所 (Via S.Maria Maggiore, 1/a-f)

今年度はクラスも4つに増え、子どもたちが楽しく日本語の勉強をしてきました。
昨年9月からの活動の成果を見ていただく良い機会かと思います。
来年度から参加を考えていらっしゃる方もそうでない方もどうぞお気軽にいらしてください。

ご質問などございましたら、事務局までご連絡ください。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-05-20 23:43 | 日本語勉強会

第29回サラ・ボルサ読み聞かせ会

5月18日(金)に夏休み前、最後の読み聞かせ会が行われ、3歳から9歳までの子供たちが参加してくれました。

今回は、『海』をテーマにまずは折り紙ラボから始めました。
みんなの大好きなだまし舟のほか、いろんなボートが折れました。
子供たちは、「おうちに持って帰ってもいい?本当に浮かぶか試してみる!」と大事そうにしまっていました。

一冊目の「ねずみくん うみへいく」は、ねずみ君が友達を誘って海水浴に行くお話。
最年長のお兄さんが読んでくれました。折り込まれた最終頁を広げると、歓声が上がりました。

「うみ」はそこに住む生き物やそこで働く人、資源としての海・・・など、色々なテーマをやさしく語りかける一冊でした。

「この子だれの子魚の子」は、月刊誌「たくさんのふしぎ」の中の一冊ですが、稚魚期から成魚になるまでの色や模様の変化をクイズを当てるような感覚で読み進め、美しい写真で見せてくれます。子供たちは意外な魚の変身に驚いていました。

最後に、子供(稚魚)たちにお話を語るのが大好きな魚の物語、「フィアボ」を読みました。
f0196517_12524574.jpg

今年度もサラ・ボルサ図書館のご協力を得て、無事にすべての日程を終了しました。
参加してくださった方々に改めて御礼申し上げます。

夏休みの間、お母さん達も少し余裕を持って読み聞かせの時間が取れますね。

秋からのオープン読み聞かせ会の日程は、ブログにて追ってお知らせいたします。
夏休み明けに、また一回り大きくなった子供たちに会えることを楽しみにしています。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-05-19 12:47 | オープン読み聞かせ会

第25回 サラべべ読み会

5月16日(水)、夏休み前の最後のサラべべ読み会が、Bolognaサラボルサ図書館で行われました。
今回も、たくさんの親子にご参加いただき、にぎやかに読み会が始まりました。

まずは、おなじみの「こんにちは」の歌で、子供たちの名前を入れながら、みんなにあいさつをしていきます。

最初は、小さい子供達のための短いお話からはじまり、だんだん長いお話の本を読んでいきました。
「これはなあに?」のお話では、動物たちのお名前を元気よくあててもらいました。

f0196517_2339338.jpg


それから、みんなで体をうごかしながら童謡をうたいました。おなじみの歌にこどもたちもおかあさんといっしょに元気よく歌ってくれました。

今年も大勢の親子にご参加いただき本当にありがとうございました。
夏休み明けにまたお会いすることを楽しみにしています。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-05-16 23:21 | Sala Bebe読み会