第8回ボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会

厳しい寒さが到来した12月16日、「子供は風の子」にふさわしい元気な子供達がボローニャ市立図書館Salaborsaに集まりました。
最初の本は、子供たちに大人気のシリーズ絵本のなかから「ぐりとぐらのおきゃくさま」。「ぐるぐるうずまき」では、最後に自分たちの指にある指紋を見て、一番身近な「うずまき」の確認をしました。昔の古い日本画の中に登場するお化けの絵を集めた「ぞくぞく ぞぞぞ」では、怖さより好奇心が優先しました。「きたきつねのゆめ」を最後に計6冊を読んで2009年最後ののオープン絵本の読み聞かせ会を終了しました。

f0196517_3104524.jpg


冬休み期間中はまねきねこ会も活動をお休みいたします。年明けより日本語勉強会の新学期がスタートし、Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせなど様々な活動が再開いたしますので、各詳細をブログにてご確認ください。お蔭様で2009年、まねきねこ会は大きく発展することが出来ました。2010年もますます充実した活動にしてまいりたいと思いますので、今後とも皆さまのご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。それでは皆さまも良い年の暮れとすばらしい新年をお迎えください。   まねきねこ会一同
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-22 03:11 | オープン読み聞かせ会

ボローニャ市立図書館Salaborsaで の第3回Sala Bebè読み聞かせ会

週明けから初雪の降 るボローニャの街で、12月16日、クリスマス前のあわただしい時期にもかかわらず、3ヶ月から3歳までのたくさんの子供達がボローニャ市立図書館のSalabebè コーナーに集まりました。
今回で第3回目のSalabebè読み聞かせ会、すっかり顔馴染みのご家族も増えてきました。

まずは、毎回恒例のリズムに合わせての自己紹介。手拍子を打ちながら子供の名前を呼んで「こんにちは」と順番ににご挨拶します。つづいて、童謡 を数曲歌った後、第二回目にひきつづき、からくり絵本シリーズ「いないいないばあ」、「ごあいさつあそび」 、そして、おなじみのしろくまちゃんシリーズのママとホットケーキを焼お話を読みました。毎回つづけているシリーズ ものの本は、子供たちもすっとなじんで聞き入っていました。
次に、毎回来ていただいているお母さんに持参していただいたゴリラくんのお話をご本人に読んでもらいました。今後もどんどんお母さんに参加して読んでいた だきたいですね。

f0196517_251399.jpg


そして、手足を使いながら童謡を数曲歌い、最後にさらに2冊の本をよみ、今日は合計6冊の絵本を読みました。

今日が今年最後のSalabebè 読み聞かせ会。来年からも、ぜひたくさんのご家族とお会いできること期待しています。
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-21 02:06 | Sala Bebe読み会

2009年 クリスマス会

雪を運ぶ冷たい風が吹く12月12日(土)、まねきねこ会のクリスマス会が行われました。
前年と同様、ボローニャ近郊都市在住家族を含め、17家族約45人が参加し、大人も子供も、そして赤ちゃんも楽しめる内容盛りだくさんで、師走の午後のひと時を満喫することができました。

開会の挨拶を済ませ、持ち寄りのお料理を囲んでしばし歓談。お腹が少し満足した頃、いよいよ子供たちによる劇の始まりです。今年は「十二支のお話」で、この1か月半にわたって、勉強会の子供たちが中心になってこの日のために一生懸命練習を重ねてきました。ママ手作りのオリジナリティに富んだ衣装をつけてそれぞれの動物を演じ、参加した子供たち一人一人に台詞がありました。お芝居は大成功!なりやまぬ拍手に子供たちも大満足でした。

f0196517_10432967.jpg


劇の後は0~3歳対象の絵本の読み聞かせを行いました。小さなお子さんのいるママたちによって読まれたので、優しい語り口調に、少し大きな子供も読み手の方まで迫る人気ぶりでした。

f0196517_10323934.jpg


3歳以上の対象の読み聞かせに移り、最後は「クリスマスのおはなし」を読んで締めくくりました。

f0196517_10331817.jpg


しばしの歓談の後は、恒例のミニ・コンサートが開かれました。はじめに行われたのは、子供たちによる合唱です。

f0196517_10411395.jpg「手をたたきましょう」に続いて、「森の音楽隊」が歌われました。可愛らしい森の動物たちになっての楽しい合唱でした。

f0196517_10414767.jpg小学生の子供達が、ピアノやヴァイオリンの日頃の練習の成果を発表する微笑ましい場面や、音楽家の方々によるリコーダーやヴィオラのしっとりとした神秘的演奏ありの盛りだくさんの音楽会となりました。

劇や音楽会の合間には、参加者同士親睦を深めることもできましたし、子供たちもとても楽しく遊べたようです。最後にみんなで「ジングルベル」「お正月」を歌って閉会となりました。

何回も練習を重ねた劇や合唱は、鑑賞して下さった方の温かい拍手とともに、子供たちの胸に素敵な思い出として残ることでしょう。



 
今後のイベントのお知らせ

次回のボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会の日程は、以下の通りです。

2009年12月16日(水) 
・16:30~17:30
 Sala bebe' で第3回オープン読み聞かせ会(0-3歳児)
を行います。
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしていま
す。
             
・17:30~18:30 
第8回オープン読み聞かせ会 

シンプルな絵本からお話絵本まで様々な絵本を読んでいますので、0歳児から99歳
まで希望者はどなたでもご参加ください。



問合せ:サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 ragazzisalaborsa@comune.bologna.it あるいは、まねきねこ会事務局にお問い合わせ下さい。
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-16 11:02 | まねきねこ会イヴェント

勉強会だより

12月5日(土)の勉強会3時間目の「ユミラボ」に、世界的にご活躍されている声楽家の桜田亮先生にお越しいただいて、「声を出すこと。」というテーマでワークショップを開いていただきました。

「音楽は3つのものからできてるんだけど、何と何と何かわかるかな?」という、ちょっと難しい質問から始まったワークショップ、「声!」「音!」とみんな正解にたどり着こうと一生懸命、いつの間にか先生のリズムに乗せられていました。

先生の手の動きに合わせて手や足をならす練習では、子供たちはみんな、先生の一挙一動に集中し、たん、たん、たん、とみんな上手にリズムが取れました。

f0196517_23285461.jpg


続いて、お母さんを「ママ」と呼ぶ子と「お母さん」と呼ぶ子、二組に分かれて、大きな声でお母さんを呼んでみる練習。さすがに、みんな、大声でお母さんを呼ぶのは得意です。ただ、「同じ音で出来るだけ長い間」という課題が出て、みんな自分の声やお友達の声に、耳を大にして聞き入っていました。

f0196517_2329947.jpg


最後に、みんなで一緒にクリスマス会で歌う「お正月」の歌を先生の前で披露しました。声を出す練習をしたあとで、いつもよりちょっと上手に歌えました。先生からも、励ましのお言葉をいただいて、みんなご機嫌でワークショップを終了しました。
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-15 23:30 | 日本語勉強会

児童合唱団のご案内

まねきねこ会の皆さんへ

2008年9月にできたPicaBo(アメリカインディアンの言葉で輝く水という意味です)という子供コーラスの紹介をさせて頂きます。

年齢は4、5歳から中学生まで。現在はサンプローコロ教会 Via D'Azeglio, 52で、 月曜日17時頃から19時まで練習をしています。

レッスンの内容はソルフェージュ、発声練習、体操等をまじえた歌の練習です。世界中を回る歌の旅をしています。現在のレパートリーはイタリア、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、オーストラリア、アメリカ、日本の四季の歌等、各国の言葉で歌います。また、教会音楽の練習もしています。カトリック云々にかかわらず、多くの教会音楽は美しいハーモニーを子供達に教えてくれます。今年はオペラのコーラスに参加します。

一度見学においで下さい。お待ちしています。

ホームページはこちら
お問い合せ:柳橋里美
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-09 22:27 | 会員関係

日本語勉強会だより

勉強会が始まって、もうはや3カ月が過ぎました。週一回土曜日の10時から12時半まで、6人の子供たちが楽しくがんばっています。

ゆったりと時間を取ってある一時間目は、ひらがな組と2・3年生の漢字組に分かれて授業を進めています。

ひらがなグループは、絵カードを使い語彙を増やしながら、ものの名前を通してひらがなを勉強してきました。書く際には升目ノートを利用し、書き順や字配りも始めから注意しています。現在は、清音と濁音まで終わり、言葉をつないで、文をつくる練習に入っています。また一年生の教科書にあるお話も読み始めました。

漢字組は、物語音読の後、発言を通し子供たちが内容と難しい語彙を理解したかどうかの確認をしながら進め、理科や社会に関連する内容の読解教材も使用して児童の興味を持続させる授業を試みています。また毎回テーマを決めた作文を書かせることにより、文の決まりを理解すると同時に文章力の向上を目指しています。

2時間目は2グループ合同で、言葉の種類、文の種類、時制などの文法をプリントに沿って勉強したり、なぞなぞや連想ゲームを通して学習したことを実践で使ってみています。毎週の宿題は何日分書いてもよい一行日記で、子供たちにとっては、先生のコメントも楽しみなようです。
f0196517_958792.jpg

また、9月の終わりからは3時間目に「ユミラボ」(ユミのラボラトリー)が始まりました。読み聞かせから始まり、お絵描き、絵描き歌や折り紙、工作、理科の実験、お芝居等、子どもたちと話し合いながらいろんな遊びをしています。

先日は、ゲストに整形外科医の中谷文彦先生をお迎えして子どもたちに特別授業「からだのはなし~ほねについて~」をしていただきました。子どもたちも興味深く先生のお話を聞いていました。
f0196517_9592096.jpg

そのあとは12月のクリスマス会でやるお芝居「12支の話」のお稽古をしました。子どもたちもセリフがだいぶんうまく言えるようになり、動作もスムーズになってきました。
f0196517_1001619.jpg

勉強会のあとには、みんな楽しげに文庫の本を選んでいます。人気はやはり「バーバパパ」シリーズでしょうか。勉強会もまねきねこ文庫も、12日で冬休みに入り、新年が明けた1月9日から新たにスタートします。ご興味のある方は体験入学も受け付けております。お気軽にお申し出ください。連絡は、文庫・勉強会係まで。

では皆様も楽しいクリスマス・お正月休暇を!
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-05 10:06 | 日本語勉強会