イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
11:00~11:45開催
次回開催は3月8日(木)です。(12月~2月はお休みさせていただきます)
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
毎月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は12月13日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
more...
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:日本語勉強会( 56 )

日本語勉強会特別ラボ「いけばな」

4月5日と12日の勉強会では、いけばなの特別ラボを行いました。挑戦したのは、星・月・宙組の子供たち、教えてくださったのは、草月流の平尾よし子先生です。
まず、先生が道具の説明や、「花の水切りは、必ず水の中でする。」、「剣山には真直ぐに挿し込み、それから活けたい方向へ傾ける。」などの約束事を教えてくださりながら、カサブランカを中心に一作品活けてくださいました。
今度は、子供たちがお家から持ってきた器に思い思いに好きな花をいける番です。水切りする花の長さも好き好き、みんな真剣な表情で、次々に花を挿していきます。
f0196517_00542212.jpg
「完成(!)と思ったら、一歩下がって眺めて、一本抜きましょう。」という先生のアドヴァイスを受けて完成したのが、これらの作品、写生した後、みんなで記念撮影しました。
f0196517_0335537.jpg

f0196517_02733.jpg

いけばなの作品はそのままでは、もって帰れません。一期一会のはかない瞬間でしたが、一本一本抜いていき、花束にしてお家に持って帰りました。
先生からは、剣山がない場合でも、オアシスを使うと上手にいけられると教えていただきました。子供たちも花を身近に感じ、またお家で活けてくれることでしょう。
平尾先生、すてきなラボをありがとうございました。
[PR]
by manekineko-bo | 2014-04-26 00:18 | 日本語勉強会

日本語勉強会/オリエンテーション

長い夏休み最後の土曜日、爽やかな秋晴れの空の下、今年度初の日本語勉強会が開かれました。
一回り大きくなった2年生から5年生の子供たちに、今年度から参加する予定の子供たち6人が加わり、にぎやかな雰囲気のオリエンテーションとなりました。
f0196517_1940854.jpg

まずは各クラスを受け持つ先生と、書道、美術、音楽から成るラボの先生方の紹介。
続いて勉強会の規則などの簡単な説明。
そして子供たちの自己紹介をすませ、クラスごとのテーブルに分かれました。
f0196517_19412340.jpg

f0196517_19414252.jpg

締めはお楽しみの時間、皆でフルーツバスケットで盛り上がりました。
f0196517_1942136.jpg

これで、やや緊張気味の子供たちもリラックスして、次週から本格的に始まる日本語の授業にも積極的に参加してくれることでしょう。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-09-14 19:16 | 日本語勉強会

日本語勉強会/オリエンテーションのお知らせ

今年度も9月から小学生の日本語勉強会が始まります。

勉強会に既に参加されている生徒さん、および6歳以上で新規参加を予定されているお子様を対象に、オリエンテーションを下記のとおり行います。


日時:9月14日(土) 10:00 – 11:30
場所: Centro Studi d'Arte Estremo-Orientale
Via Santa Maria Maggiore 1, Bologna
持ち物:筆記用具、夏休みの宿題(新入生を除く)


新入生の募集もまだ受け付けておりますので、ふるってご参加ください。
参加希望の方は、事務局までご連絡ください。

夏休みを終えて成長した子供たちと新入生の皆さんに会えるのを楽しみにしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-09-10 09:46 | 日本語勉強会

オープンスクール・学習発表会

1年間がんばって通い続けた勉強会も終わりに近づき、5月29日にオープンスクール・学習発表会が行われました。来年度の参加を考えていらっしゃるご家族も見学に来てくださり、賑やかな学習発表会になりました。

2時間目から始まったオープンスクールでは、通常の授業が行われ、3時間目の学習発表会では、1年のまとめとしてそれぞれのクラスがこの日のために取り組んだ課題を発表してくれました。

1・2年生混合クラスの花組は9月からひらがな・カタカナ・漢字と勉強し、色々なことが書けるようになりました。

この日、授業ではみんなで絵を見て、知っている日本と世界の昔話の題名を発表してもらいました。
お話は知っているのに、日本語の題名が思い出せないものが多かったようです。
みんなで大好きなカルタもしました。初めて使う「昔話カルタ」に挑戦です。
読み札の文句を聞き終わるのが待てないくらい早く取れるようになりました!

星組は、急がず教科書の課題をひとつずつ進めて行き、2年生の上を終了しました。オープンスクールでは、教科書最後の「どうぶつえんのじゅういさん」をまとめました。

今年1年間、漢字はとにかく繰り返し使うことを重視して、毎回の書き取り、意味ごとのグループ分け、新出漢字は成り立ちから見るなど違ったアプローチで漢字に触れてきました。
スピーチや発言の課題では、同じ表現、同じ言葉を使いがちな子供たちに一文をしっかりリピートさせることで少しずつ表現の仕方を増やしてきました。
作文は教科書のまとめという形で随分書いてきましたが、成長とともにいいたいことも増えてきた子供たち、手伝いが必要なところもありますが、随分長い文章を書けるようになってきました。今年から使い始めた「論理トレーニングプリント」を続けることで手伝いなしで文章が書けるようになるのが課題です。

宙組では、今年一年、長文読解への導入、さまざまな種類の作文、漢字では特に熟語に力を入れて取り組みました。毎年続けてきた音読、暗唱は、イタリアの小学校の勉強が難しくなってくる中で、なかなか徹底できませんでした。


3時間目の学習発表会では、花組は詩「きまりことば」をみんなで郡読しました。
リズムのある楽しい詩です。少し緊張した様子でしたが、元気よく発表できました。
次に1人2問ずつ「何の車かな?」と、クイズを出しました。
車を選び→特徴を調べ→文を作り→問題にする みんなよくがんばってくれました。
難しい車を選んだり、難しい言葉もそのまま問題にしたりしたので、大きな子どもたちも悪戦苦闘。
そんな様子を見るのも楽しかったです。


星組は、まず授業で取り組んだ教科書の「あったらいいな、こんなもの」の中でそれぞれ発明した機械について、どのような働きをするのかを皆の前で説明してもらいました。お金の出てくる機械、自分の代わりに勉強してくれるロボット、動物の言葉が分かるようになる翻訳ロボットなど、発表を聞いている友達からも「ぼくもほしい!」の声が飛んでいました。
次に谷川俊太郎の「生きる」の詩を輪読し、最後に自分にとっての「生きる」を感じる瞬間を同じ詩のリズムに乗せて一人ずつ発表しました。


宙組はまず「重ね言葉」と金子みすずの詩何篇かを音読しました。続いて、論理トレーニングプリントで扱った四枚の絵を見て自由に書いた創作文を発表しました。題名、内容ともそれぞれの個性が出た良い作文になったと思います。最後に文庫に入っている本の紹介文を発表して終わりました。
三人ともこの一年、とても大きく成長したと思います。ご父兄の皆様、ご協力ありがとうございました。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-05-29 18:54 | 日本語勉強会

「日本語勉強会オープンスクールのお誘い」

そよぐ風に夏の到来を感じる季節となりました。

さて、子どもたちの日本語勉強会もそろそろ夏休みに入ります。つきましては、オープンスクール/学習発表会を以下の要領で行います。

日時:5月25日(土) 10:50〜12:50 (10:50〜11:30 授業、11:40〜12:50 学習発表会)
場所:東洋文化研究所 (Via S.Maria Maggiore, 1/a-f)

今年度は新しい子どもたちも加わり、みんな楽しく日本語の勉強をしてきました。
昨年の9月からの活動の成果を見ていただく良い機会かと存じます。
皆様、どうぞお気軽にいらしてください。

ご質問などございましたら、事務局までご連絡ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-05-21 10:30 | 日本語勉強会

勉強会便り

特別ラボ「歯と歯みがきのおはなし」

先日の4月27日(土)は、歯科医師・井上泰先生を特別ゲストにお迎えして、子供たち全員に、歯と歯ぐきのお話、そして歯磨きのブラッシングの講習をしていただきました。

まず、先生が子供たちに配られた、デンタルガイドの冊子を一緒に見ながら、虫歯のことや、歯磨きの大切さ、食事のとり方などについて説明してくださいました。
f0196517_19353589.jpg

そして、こんどは歯磨きのみがき方のお話です。先生が、冊子の写真を見ながら、実際に歯ブラシを持って、歯磨きの仕方を説明してくださいます。
「こうやって、歯ぐきのところにしっかり歯ブラシを当ててね。」
f0196517_19363582.jpg

こんどは、実際に子供たちの歯のチェックをします。先生が子供たちひとりひとりに、特別の液体を歯に塗ってくださいます。
それから口をゆすいでみると、みがけていないところが、赤くなって残ります。
f0196517_19372784.jpg

今度は、各自、鏡でチェックしながら、実際に歯磨きをしてみます。みんな、赤くなった自分の歯を鏡で見ながら、一生懸命歯磨きです。
「先生、見て!白くなったよ。」
「ああ、本当だねえ、上手に歯磨きができてるね。」
f0196517_19383670.jpg

最後は、上手にみがけたご褒美に、先生から子供たち全員に歯ブラシをプレゼントしていただいて、みんな大喜び!
食事のとり方や歯磨きの大切さが、しっかり頭に入ったようでした。

井上先生、丁寧なご指導をしていただき、本当にありがとうございました!
f0196517_19394491.jpg

[PR]
by manekineko-bo | 2013-04-29 19:43 | 日本語勉強会

工藤あゆみ先生によるワークショップ:tempo di tè. tempo di me

4月13日の土曜日に勉強会の3時間目を使って、自然の葉をモチーフにした作品を制作されているモンツァ在住のアーティスト工藤あゆみ先生に、子供たち向けにお茶の葉を使ったワークショップをしていただきました。
f0196517_15595442.jpg

まずは子供たちがそれぞれ家から持ってきたお茶の葉を使って、それぞれ自分の名前の頭文字を書いてみました。一種類のお茶の葉で書く子、アルファベットとひらがな両方をいろいろな種類の葉っぱを使って書く子、それぞれ工夫しながら作業を進めます。さまざまなお茶の香りが立ち込めて、子供たちの「バラのにおい!」「くさーい。」「大人のにおい」などコメントが飛び交います。
f0196517_1611644.jpg

次に、工藤先生が用意してくださった、可憐なお花や生姜の入った珍しいお茶の葉っぱ3種類も使って自画像を描いてみました。顔全体をお茶の葉で作る子供もいれば、鉛筆で顔を書いて目や髪の毛だけ茶葉を使う子もいます。皆ピンセットを使ってお茶の葉を拾うのに集中。もちろん、自画像はそのうち、恐竜や台所、ねずみや小鳥までいろいろなものに派生していきました。
f0196517_162690.jpg
f0196517_1624327.jpg

彫刻家の旦那様もご一緒してくださり、賑やかに製作する子供たちの間を回りながら、お二人とも落ち着いた穏やかな調子で子供たちの作品にアドバイスやコメントをしてくださいました。
f0196517_1632776.jpg

子供たちには普段はじっくりと見ることのないお茶の葉っぱにはこんなにたくさん違った形や香りがあるのかと茶葉の新しい姿の発見になったのではないでしょうか。
f0196517_1642124.jpg

今回のワークショップは「自然と本」をテーマにボローニャ市内の各地で春の間行われている教育プロジェクトFieri di leggereの一環として 児童書専門店ストッパーニのエレナ・ランバルディさんからご提案いただき実現しました。

ボローニャ市内で工藤あゆみ先生の個展が4月の27日までVia TestoniのSala da tè, Mondo di Eutèpiaにて、またご夫妻の展覧会が21日までVia IndipendenzaのPoltici hotelにて開催されているそうです。お近くをお通りの際にはぜひお立ち寄りください。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-04-13 19:55 | 日本語勉強会

勉強会便り

特別ラボ「美術家・藤井隆也先生のワークショップ・BY LEAVES WE LIVE」

藤井先生は、京都の仁和寺のはずれの自然の豊かなところで生活しながら、自然を対象としたパフォーマンスや、インスタレーション、ドローイングなどを発表されています。

今回は、ご自分で集めてこられた、御室88箇所の楢枯れの巨木が落とした葉を使って、藤井さんのやっていらっしゃるプロジェクトのひとつ、「BY LEAVES WE LIVE」を、子供たち全員で取り組みました。

まずは、先生が京都から持っていらっしゃったたくさんの楢の落ち葉を見せていただきながら、楢の木の命、その成長を支える葉っぱの一生について先生からお話をうかがいます。
f0196517_191925.jpg

つぎに、各自がそれぞれ自分で選んだ落ち葉を、丁寧に鉛筆でスケッチしていきます。「よく見てね、葉っぱの形は一枚一枚みんな違うんだよ。」

先生の言葉に耳を澄ましながら、一生懸命、葉っぱを目で追って、鉛筆でドローイングしていきます。
f0196517_18593547.jpg

最後に自分の選んだ葉っぱに、今の自分のことを語る言葉、あるいは秘密の言葉をマジックで書きこみます。

先生は言葉の書かれた葉っぱを最終的に、「清め、封印する」ために、「塩」を使って漬け込んで、最後はそれをまとめてアクリルの立体の中に封印するそうです。つまり、「時の封印」をするのです。
子供たちの時が閉じ込められた、アクリルの作品は、秋ごろに日本語学校に届くそうです。
f0196517_1902059.jpg

藤井先生、素敵なワークショップをしてくださりありがとうございました。
先生の京都弁のイントネーションも、とても魅力的で、子供たちは真剣な眼差しで、先生のお話を聞いていました。

それでは、秋に素敵な作品が届くのを楽しみに待っています。
[PR]
by manekineko-bo | 2013-04-06 18:36 | 日本語勉強会

勉強会だより

特別ラボ・「絞り染めでオリジナルTシャツを作ろう!!」


前回好評だった絞り染めのラボを、今年も辻本樹宜子先生に丁寧にご指導をしていただきながら、みんなで「自分だけのオリジナルTシャツ作り」に挑戦しました。

まず、Tシャツのデザインを考えてもらい、紙にラフスケッチをかいてもらいました。
考えが決まったら、いよいよ自分のTシャツを、いろんな道具を使いながら絞っていきます。

輪ゴムやひもで縛ったり、中にビー玉や、ボトルのキャップや大豆を入れたり、洗濯ばさみを使ったり割り箸ですじ模様をつけるように、工夫したり・・・と、みんな一生懸命です。

f0196517_8344779.jpg


絞り終わったら、こんなふうになりました。これで、どんな模様が出てくるのかな・・・。
とっても楽しみですね。

f0196517_8355868.jpg


さて、先生がお家で赤色と青色に染め上げてくださった、それぞれのTシャツを、今度はほどいて行く作業です。なかなかほどけなくて、みんな必死です。はさみを使ったり、友達に手伝ってもらったりして作業を進めていきます。

f0196517_837524.jpg


さあ、みんな思い思いのTシャツが出来上がりました。嬉しくて、みんなニコニコ顔!!!
それでは、記念撮影です!

f0196517_8381026.jpg


辻本先生、今回もたいへんお世話になりました。
子供たちは、自分のオリジナルTシャツを身につけて、大喜びでした。
ありがとうございました。
[PR]
by manekineko-bo | 2012-10-22 08:30 | 日本語勉強会

日本語勉強会レポート:お店屋さんごっこ

10月6日は、星組と月組さん合同でお店屋さんごっこをしました。まず星組のペットショップが開店し、店員さんがどのような動物を売っているのかお店の説明をしました。その後お客さんに買い物に来てもらいましたが、「いらっしゃいませー!」の声は出たものの、恥ずかしくなってしまって、なかなかお客さんに勧めるのは難しかったようです。用意した動物の説明を元に先生に指導してもらいながら接客をしました。
f0196517_1745825.jpg

後半の月組レストランでは、お勧めのメニューを説明したあと、おいしそうな食べ物の写真を前に目移りするお客さんの注文を店員さんが一生懸命メモしていました。最後はレストラン開店10周年のためお花をプレゼントするというサービス付きでした。
f0196517_1754783.jpg

お店屋さんごっこのあとは、お互いのお店のチラシを交換し、そのチラシのどこが良かったか意見を出し合いました。「お店の名前が素敵に描かれている」「(うなどんの)絵が入っているのが良い」「(レストランの10周年記念で)お花をプレゼントしてくれる、というのがいい。」「値段が高いもので売りたいものが特に大きく描かれているのがいい」など、自分でチラシを作った経験を生かした良い意見交換が出来ました。
[PR]
by manekineko-bo | 2012-10-19 17:10 | 日本語勉強会