イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
11:00~11:45開催
次回開催は3月8日(木)です。(12月~2月はお休みさせていただきます)
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
毎月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は12月13日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
more...
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:オープン読み聞かせ会( 74 )

第59回オープン読み聞かせ会

9月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、今年度のオープン読み聞かせ会が始まり、幼稚園の年少さんから小学一年生までの子供たちが参加しました。

『うしろにいるのだあれ』は、小さい子から大きい子まで、そしてイタリア人の子供も楽しめる絵本です。うしろにいるのは誰かを当てっこしながら、日本語で動物の名前を言ってみました。つづいて『だるまちゃんとてんぐちゃん』を読みました。うちわや履き物やらがたくさん出てくる絵がおもしろく、みんな釘付けになっていました。
f0196517_2149738.jpg

このほかに、くり返す音と言葉遊びがおもしろい『にょきにょきの木』を読みました。

紙芝居の『まんまるまんまたんたかたん』では、みんなで忍者の男の子の術がうまくいくように「たんたかたん」と手をたたいて応援しました。

折り紙は、お月見にちなんでウサギを折ってみました。後半がちょっと難しかったですが、最後にはウサギがみんな立って勢ぞろい!
f0196517_21491656.jpg


次回の10月19日(水)も、皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2016-09-28 21:53 | オープン読み聞かせ会

第58回オープン読み聞かせ会

5月18日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で絵本の読み聞かせ会が行われました。今年度の最終回となりましたが、新しい読み手も加わり、絵本好きの子供たちが集まって楽しい読み聞かせ会になりました。
まず、言葉遊びが面白い『くだものだもの』から読み始めました。


f0196517_5514929.jpg



次に、ジェラートが食べたくなる季節に合わせ、『しろくまパパのソフトクリーム』を読みました。しろくまパパのお茶目な性格が伝わってきて、親子一緒にほんわかした気持ちになれました。『ねこざかなのおしっこ』は、カラフルな絵とともに想像の世界が楽しめるお話です。しかけのページでは、子供たちが前に出てきて、とびうおのヒラヒラのひれをさわっていました。もう一冊のしかけ絵本『しろくまのパンツ』では、次々に出てくるパンツを見ながら、子供たちと一緒に誰のパンツか考えました。

紙芝居は、『ごきげんのわるいコックさん』を読みました。子供たちがコックさんに呼びかけると、コックさんのきげんがなおって、ペロペロキャンディーを作ってくれました。


f0196517_5521748.jpg



最後に、折り紙でかたつむりを作りました。はさみを使うところもありましたが、自分で切るのに挑戦した子もいました。こんな色とりどりのかたつむりがいたら、雨の日も楽しくなりそうですね。


f0196517_553297.jpg



SalaBorsa Ragazziでの読み聞かせ会は、6月から夏休みに入ります。また、9月に皆さんと再会できるのを楽しみにしています。一年を通して参加してくださった方々と、ご協力くださったサラボルサ児童図書館の方々に心より感謝申し上げます。
[PR]
by manekineko-bo | 2016-05-24 05:54 | オープン読み聞かせ会

日伊国交150周年記念 特別読み聞かせ会

2016年5月13日、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で特別読み聞かせ会が開かれ、日伊国交150周年を記念してイタリアを公式訪問されていた秋篠宮妃殿下がご視察にいらっしゃいました。まねきねこ会の会員の中から、3歳〜9歳の子供を持つ10家族が参加しました。

妃殿下が会場に到着される前に、まず、紙芝居『うりこひめとあまのじゃく』(脚本:松谷みよ子、絵:梶山俊夫、童心社)を二人の読み手が掛け合いで読みました。昔話風のむずかしい言い回しもありましたが、テンポよい語りの文や大きな絵に子供たちも惹きつけられていたようです。

次に読んだ大型本の『100かいだてのうみのいえ』(作・絵:いわいとしお、偕成社)では、主人公の女の子が海に落とした持ち物を100階建ての家の中から子供たちといっしょに探してみました。読み手と子供たちとのやりとりが自然と生まれてくる楽しいひとときでした。

続いて、大型本『おじさんのかさ』(作・絵:佐野洋子、講談社)を読み手がほんわかとした雰囲気で読みました。子供たちも「雨が降ったらポンポロポン」と元気よく歌いました。絵本に合わせたかのように、外も時々ポツポツくるような天気でした。

ここで妃殿下がご到着になり、子供たちが全員で「こんにちは。」とご挨拶しました。妃殿下はお席よりも2歩3歩子供たちに近づいてくださり、ご自分の自己紹介をしてくださいました。

その後、絵本『どうぞのいす』(作:香山美子、絵:柿本幸造、ひさかたチャイルド)を読み、妃殿下もお聞きになりました。途中、子供たちの素直な反応に微笑まれるシーンもありました。

f0196517_6312665.jpg

妃殿下にも読み聞かせのお誘いをしたところ、大型本『ぞうくんのさんぽ』(作・絵:なかのひろたか、福音館書店)を読んでくださいました。優しいお人柄の滲み出るような素敵な読み聞かせで、子供たちも緊張することなく、自由に感想を言いながら楽しんでいました。

拍手の後、「ありがとうございました」とお礼を言った子供たちに再び近寄られ、一人ずつとお話しくださいました。会場を後にされる際は、子供たち全員と握手をしてくださいました。

子供たちにこのような素晴らしい機会を与えてくださった秋篠宮妃殿下、板橋区立美術館、サラボルサ児童図書館に会員一同感謝申し上げます。
[PR]
by manekineko-bo | 2016-05-15 05:30 | オープン読み聞かせ会

第57回オープン読み聞かせ会

4月20日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本の読み聞かせ会が行われました。

まずは絵本『さくら』から読み始めました。春の代名詞とも言えるさくらですが、この絵本では、さくらの木が四季をとおしてどのように姿を変えていくのかを、美しい絵とともに見ることができました。
f0196517_2265124.jpg

次に、『バスたろうはじめてのうんてん』、『バルバルさん』という楽しく夢のあるお話を読みました。

紙芝居は『きつねとごんろく』です。鬼といえば、昔話で悪者として描かれているものですが、この話では、鬼の子「ごんろく」がきつねに化かされるという展開で、「あれれ?」と思った子供たちもいたようです。

最後に折り紙で、5月5日の子供の日に先立って「こいのぼり」を折りました。折り方も少しむずかしくなってきましたが、子供たちも保護者の方もがんばって挑戦しました!
f0196517_2140843.jpg


大家族のこいのぼりができたところで、「こいのぼり」の歌を歌って、終わりました。
f0196517_2273094.jpg



次回は5月18日(水)で、今年度最後の回になります。皆様ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2016-04-23 22:02 | オープン読み聞かせ会

第56回オープン読み聞かせ会

3月16日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、第56回オープン読み聞かせ会が行われました。寒さも和らいだためか、図書館を訪れる人が多く、たまたま足を運んだ家族の方々も参加してくださいました。

絵本の読み聞かせは『もったいないばあさんのいただきます』(真珠まりこ:作・絵 講談社)から始めました。「ちゃんと何でも食べなさい」とお母さんに言われるのは嫌でも、なんとなく憎めない「もったいないばあさん」に言われると、子供たちの好き嫌いもなくなりそうですね。 次は、図書館の書架から『どうするどうするあなのなか』(きむらゆういち:作 高畠純: 絵 福音館書店)を読みました。縦長に開く変わった絵本で、ねことネズミがどうやってあなのなかから出るか、というお話です。
f0196517_622590.jpg

3月19日の父の日にちなんで選んだ絵本は『ねえ、とうさん』(佐野洋子:作・絵 小学館)です。お父さんに憧れるクマの子のお話を、参加者のお母さんがほのぼのと読んでくださいました。

紙芝居の『いもころがし』では、おしょうさんのまねをするこぞうさんと、そのやりとりが面白く、みんな大笑いでした。

最後に折り紙で、クチバシが動くパクパクからすを折りました。みんな自分で折れるようになり、2羽目に挑戦する子たちもたくさんいました。
f0196517_6221054.jpg


色とりどりのカラスたちです。
f0196517_64559.jpg


来月は4月20日(水)です。たくさんの親子のご参加をお待ちしています!
[PR]
by manekineko-bo | 2016-03-23 06:24 | オープン読み聞かせ会

第55回オープン読み聞かせ会

2月24日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で第55回オープン読み聞かせ会が開かれました。まだまだ肌寒い中、北風をふきとばすような元気な子供たちが集まってくれました。

まずは、さまざまな言語に翻訳されているエリック・カール氏の「パパ、お月様とって」を読みました。ページを大きく開くと、長い長いはしごや大きなお月様が出てくるしかけ絵本です。
f0196517_1622241.jpg

次は、季節にちなんで「ひみつのひなまつり」を読みました。ユーモラスな人形たちの様子に日本人以外の子供たちや親たちも思わず笑ってしまうほどでした。読み聞かせの後には、「ひなまつり」の歌を歌いました。

ほかには、春の訪れを感じさせる「めざめのもりのいちだいじ」、手紙の返事を待つネコのもどかしさと期待が入り交じった気持ちがよく伝わる「おへんじください」を読みました。

また、紙芝居では、前回好評だった「めだかのめめちゃん」を読みました。めだかの兄弟が仲良く泳いでいるところに急に何かが落ちてきました。子供たちは、何があったのかな、次はどうなるのかなと、わくわくしながら聞き入っていました。

最後に、ウサギの折り紙を折りました。折り方の説明をよく聞いて、みんな上手に折れましたね。
f0196517_1623840.jpg

次回は3月16日(水)です。暖かくなって、より多くの子供たちが参加してくれることを楽しみにしています!
[PR]
by manekineko-bo | 2016-02-29 16:07 | オープン読み聞かせ会

第54回オープン読み聞かせ会

12月2日(水)、サラボルサ児童図書館で第54回オープン読み聞かせ会が行われました。図書館正面のネプチューン広場にも毎年恒例のツリーが飾られ、街もすっかりクリスマスらしい雰囲気に包まれていました。

そんな中で、今回はクリスマスや冬にちなんだ絵本を読んでみました。まず、「ゆきがやんだら」を読みました。イタリア人の親子は、イタリア語版"Giorno di neve"を手にとりながら聞いてくれました。
つづいて、日本人親子にはおなじみの「ぐりとぐらのクリスマス」、近年の作品から温かいタッチの絵が素敵な「クリスマスのおかいもの」を読みました。準備をしながらクリスマスを待ちわびる間の楽しい気持ちがよく伝わってくるお話です。
f0196517_637426.jpg


「なんのじゅうたい?」は、一風かわった絵本です。みんながよく知っている救急車や消防車からトイレカーや中継車まで実に様々な種類の乗り物がでてきて、何でこんなに渋滞しているんだろうと思っていると、見開きのページであっと驚くしかけがあります。突然現れた恐竜の絵を見て、子供たちも思わず本の前まで乗り出してしまいました。

折り紙も季節に合わせて、子供たちの大好きなサンタクロースを折ってみました。作っている表情も真剣なら、作品も力作ぞろいですね!
f0196517_6414047.jpg
f0196517_6414416.jpg


今年最後の読み聞かせ会の時間をみなさんと楽しく過ごすことができて、嬉しく思っています。一年を通して参加して下さった方々、協力して下さった図書館の方々に感謝します。
来年1月はお休みになり、次回は2月24日(水)になります。年が明けて、元気な親子のみなさんと会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-12-10 07:06 | オープン読み聞かせ会

第53回オープン読み聞かせ会

11月11日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本のオープン読み聞かせ会が行われました。同日、図書館前のマッジョーレ広場ではチョコショーが開催されており、大変な賑わいを見せていましたが、読み聞かせ会にもたくさんの親子が参加してくれました。

まずは、先月の「ほんとのおおきさ水族館」につづき、「もっと!ほんとのおおきさ動物園」を見ながら、動物の名前やその特徴を日本語で言ってみました。見開きになったライオンのページはすごい迫力で、子どもたちが絵本の前に集まってきました。
f0196517_60435.jpg

つづいて、「だるまちゃんとてんぐちゃん」「ないた」などのお話を読みました。
毎月恒例になった紙芝居も楽しいひとときです。「めだかのめめちゃん」を読み終わったあと、小さなお子さんから「もう一回!」という声があがりました。もう一度読んであげたいところでしたが、代わりに「めだかの学校」を歌ってみました。
最後の折り紙ラボでは、「犬」を折りました。比較的簡単だったので、初めて挑戦した子どもたちも上手に折れて、一緒に来たお母さんやおじいさん、おばあさんに満足そうに見せていました。

次回は12月2日(水)です。2015年最後の読み聞かせ会となりますので、ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-16 06:17 | オープン読み聞かせ会

第52回オープン読み聞かせ会

穏やかな秋晴れに恵まれた10月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第52回オープン読み聞かせ会が開かれました。

まず、図書館おすすめの蔵書『ほんとのおおきさ水族館』で、ふだんはなかなか見られない海の生き物の写真を原寸大で見てみました。みんなが大好きなイルカやペンギンから、小さな熱帯魚、そして4ページにまたがった大迫力のこわ〜いシャチまで、いろいろあって子供たちも楽しんでいたようです。

読み聞かせでは、子鹿が「おとなになって角が生えたらどうなるのかな」とイメージをふくらませる『おとなになったら』と、ももちゃんが新しいかさと長靴で雨ごっこをする『あめこんこん』という、子供のほほえましい想像力を描いた絵本を二冊読みました。
f0196517_52240100.jpg

紙芝居「おにとごんろく」は、はじめから終わりまでほのぼのとしたお話です。きつねが上手に化ける、ということはみんな知っていたのでしょうか?

最後は、ハロウィンにちなんで、かぼちゃを折りました。色とりどりのおちゃめな表情のかぼちゃができましたね!
f0196517_5224783.jpg

次回は11月11日(水)です。お友達も誘って、ぜひご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-10-25 05:25 | オープン読み聞かせ会

第51回オープン読み聞かせ会

9月30日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で、今年度初めてのオープン読み聞かせ会が開かれました。9月に幼稚園に入園したばかりの年少さんから小学生まで幅広い年齢層の子供たちが参加してくれました。

f0196517_57459.jpg
折り紙ラボでは、初めて挑戦した子も上手に折れるようになった子も、みんな熱心にカメを作っていました。

f0196517_5101047.jpg
参加したお母さんが「だめだめママだめ」を楽しく読んでくださいました。

ほかには、おいしそうなパンがずらりとならんだ絵が印象的な「からすのパンやさん」を読みました。最後は「大きなくりの木の下で」にふりつけしながら、みんなで歌ってみました。

次回の10月21日(水)も、たくさんの方のご参加をお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-10-05 05:24 | オープン読み聞かせ会