カテゴリ:オープン読み聞かせ会( 71 )

4月20日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本の読み聞かせ会が行われました。

まずは絵本『さくら』から読み始めました。春の代名詞とも言えるさくらですが、この絵本では、さくらの木が四季をとおしてどのように姿を変えていくのかを、美しい絵とともに見ることができました。
f0196517_2265124.jpg

次に、『バスたろうはじめてのうんてん』、『バルバルさん』という楽しく夢のあるお話を読みました。

紙芝居は『きつねとごんろく』です。鬼といえば、昔話で悪者として描かれているものですが、この話では、鬼の子「ごんろく」がきつねに化かされるという展開で、「あれれ?」と思った子供たちもいたようです。

最後に折り紙で、5月5日の子供の日に先立って「こいのぼり」を折りました。折り方も少しむずかしくなってきましたが、子供たちも保護者の方もがんばって挑戦しました!
f0196517_2140843.jpg


大家族のこいのぼりができたところで、「こいのぼり」の歌を歌って、終わりました。
f0196517_2273094.jpg



次回は5月18日(水)で、今年度最後の回になります。皆様ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2016-04-23 22:02 | オープン読み聞かせ会

3月16日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、第56回オープン読み聞かせ会が行われました。寒さも和らいだためか、図書館を訪れる人が多く、たまたま足を運んだ家族の方々も参加してくださいました。

絵本の読み聞かせは『もったいないばあさんのいただきます』(真珠まりこ:作・絵 講談社)から始めました。「ちゃんと何でも食べなさい」とお母さんに言われるのは嫌でも、なんとなく憎めない「もったいないばあさん」に言われると、子供たちの好き嫌いもなくなりそうですね。 次は、図書館の書架から『どうするどうするあなのなか』(きむらゆういち:作 高畠純: 絵 福音館書店)を読みました。縦長に開く変わった絵本で、ねことネズミがどうやってあなのなかから出るか、というお話です。
f0196517_622590.jpg

3月19日の父の日にちなんで選んだ絵本は『ねえ、とうさん』(佐野洋子:作・絵 小学館)です。お父さんに憧れるクマの子のお話を、参加者のお母さんがほのぼのと読んでくださいました。

紙芝居の『いもころがし』では、おしょうさんのまねをするこぞうさんと、そのやりとりが面白く、みんな大笑いでした。

最後に折り紙で、クチバシが動くパクパクからすを折りました。みんな自分で折れるようになり、2羽目に挑戦する子たちもたくさんいました。
f0196517_6221054.jpg


色とりどりのカラスたちです。
f0196517_64559.jpg


来月は4月20日(水)です。たくさんの親子のご参加をお待ちしています!
[PR]
by manekineko-bo | 2016-03-23 06:24 | オープン読み聞かせ会

2月24日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で第55回オープン読み聞かせ会が開かれました。まだまだ肌寒い中、北風をふきとばすような元気な子供たちが集まってくれました。

まずは、さまざまな言語に翻訳されているエリック・カール氏の「パパ、お月様とって」を読みました。ページを大きく開くと、長い長いはしごや大きなお月様が出てくるしかけ絵本です。
f0196517_1622241.jpg

次は、季節にちなんで「ひみつのひなまつり」を読みました。ユーモラスな人形たちの様子に日本人以外の子供たちや親たちも思わず笑ってしまうほどでした。読み聞かせの後には、「ひなまつり」の歌を歌いました。

ほかには、春の訪れを感じさせる「めざめのもりのいちだいじ」、手紙の返事を待つネコのもどかしさと期待が入り交じった気持ちがよく伝わる「おへんじください」を読みました。

また、紙芝居では、前回好評だった「めだかのめめちゃん」を読みました。めだかの兄弟が仲良く泳いでいるところに急に何かが落ちてきました。子供たちは、何があったのかな、次はどうなるのかなと、わくわくしながら聞き入っていました。

最後に、ウサギの折り紙を折りました。折り方の説明をよく聞いて、みんな上手に折れましたね。
f0196517_1623840.jpg

次回は3月16日(水)です。暖かくなって、より多くの子供たちが参加してくれることを楽しみにしています!
[PR]
by manekineko-bo | 2016-02-29 16:07 | オープン読み聞かせ会

12月2日(水)、サラボルサ児童図書館で第54回オープン読み聞かせ会が行われました。図書館正面のネプチューン広場にも毎年恒例のツリーが飾られ、街もすっかりクリスマスらしい雰囲気に包まれていました。

そんな中で、今回はクリスマスや冬にちなんだ絵本を読んでみました。まず、「ゆきがやんだら」を読みました。イタリア人の親子は、イタリア語版"Giorno di neve"を手にとりながら聞いてくれました。
つづいて、日本人親子にはおなじみの「ぐりとぐらのクリスマス」、近年の作品から温かいタッチの絵が素敵な「クリスマスのおかいもの」を読みました。準備をしながらクリスマスを待ちわびる間の楽しい気持ちがよく伝わってくるお話です。
f0196517_637426.jpg


「なんのじゅうたい?」は、一風かわった絵本です。みんながよく知っている救急車や消防車からトイレカーや中継車まで実に様々な種類の乗り物がでてきて、何でこんなに渋滞しているんだろうと思っていると、見開きのページであっと驚くしかけがあります。突然現れた恐竜の絵を見て、子供たちも思わず本の前まで乗り出してしまいました。

折り紙も季節に合わせて、子供たちの大好きなサンタクロースを折ってみました。作っている表情も真剣なら、作品も力作ぞろいですね!
f0196517_6414047.jpg
f0196517_6414416.jpg


今年最後の読み聞かせ会の時間をみなさんと楽しく過ごすことができて、嬉しく思っています。一年を通して参加して下さった方々、協力して下さった図書館の方々に感謝します。
来年1月はお休みになり、次回は2月24日(水)になります。年が明けて、元気な親子のみなさんと会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-12-10 07:06 | オープン読み聞かせ会

11月11日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本のオープン読み聞かせ会が行われました。同日、図書館前のマッジョーレ広場ではチョコショーが開催されており、大変な賑わいを見せていましたが、読み聞かせ会にもたくさんの親子が参加してくれました。

まずは、先月の「ほんとのおおきさ水族館」につづき、「もっと!ほんとのおおきさ動物園」を見ながら、動物の名前やその特徴を日本語で言ってみました。見開きになったライオンのページはすごい迫力で、子どもたちが絵本の前に集まってきました。
f0196517_60435.jpg

つづいて、「だるまちゃんとてんぐちゃん」「ないた」などのお話を読みました。
毎月恒例になった紙芝居も楽しいひとときです。「めだかのめめちゃん」を読み終わったあと、小さなお子さんから「もう一回!」という声があがりました。もう一度読んであげたいところでしたが、代わりに「めだかの学校」を歌ってみました。
最後の折り紙ラボでは、「犬」を折りました。比較的簡単だったので、初めて挑戦した子どもたちも上手に折れて、一緒に来たお母さんやおじいさん、おばあさんに満足そうに見せていました。

次回は12月2日(水)です。2015年最後の読み聞かせ会となりますので、ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-16 06:17 | オープン読み聞かせ会

穏やかな秋晴れに恵まれた10月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第52回オープン読み聞かせ会が開かれました。

まず、図書館おすすめの蔵書『ほんとのおおきさ水族館』で、ふだんはなかなか見られない海の生き物の写真を原寸大で見てみました。みんなが大好きなイルカやペンギンから、小さな熱帯魚、そして4ページにまたがった大迫力のこわ〜いシャチまで、いろいろあって子供たちも楽しんでいたようです。

読み聞かせでは、子鹿が「おとなになって角が生えたらどうなるのかな」とイメージをふくらませる『おとなになったら』と、ももちゃんが新しいかさと長靴で雨ごっこをする『あめこんこん』という、子供のほほえましい想像力を描いた絵本を二冊読みました。
f0196517_52240100.jpg

紙芝居「おにとごんろく」は、はじめから終わりまでほのぼのとしたお話です。きつねが上手に化ける、ということはみんな知っていたのでしょうか?

最後は、ハロウィンにちなんで、かぼちゃを折りました。色とりどりのおちゃめな表情のかぼちゃができましたね!
f0196517_5224783.jpg

次回は11月11日(水)です。お友達も誘って、ぜひご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-10-25 05:25 | オープン読み聞かせ会

9月30日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で、今年度初めてのオープン読み聞かせ会が開かれました。9月に幼稚園に入園したばかりの年少さんから小学生まで幅広い年齢層の子供たちが参加してくれました。

f0196517_57459.jpg
折り紙ラボでは、初めて挑戦した子も上手に折れるようになった子も、みんな熱心にカメを作っていました。

f0196517_5101047.jpg
参加したお母さんが「だめだめママだめ」を楽しく読んでくださいました。

ほかには、おいしそうなパンがずらりとならんだ絵が印象的な「からすのパンやさん」を読みました。最後は「大きなくりの木の下で」にふりつけしながら、みんなで歌ってみました。

次回の10月21日(水)も、たくさんの方のご参加をお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-10-05 05:24 | オープン読み聞かせ会

今年度のオープン読み聞かせ会がサラボルサ児童図書館にて9月30日(水)から始まります。

対象年齢:3歳以上
場所: Biblioteca Salaborsa Ragazzi, Sala Bambini(正面入口から入って2番目の、劇場風の階段のある部屋)
月一回 水曜日 17:15〜18:00

折り紙のほかに文字や歌の遊びを取り入れながら、3歳〜小学校低学年向けの絵本を中心に読んでいく予定です。昨年度好評だった紙芝居に新しいお話も加わりました。会員以外の方もどうぞお気軽にご参加ください。

今年度の日程は以下の通りです。
9月30日
10月21日
11月11日
12月2日
2月24日
3月16日
4月20日
5月18日
* 1月はお休みになります。

下記のサラボルサ図書館のページもご参照ください。
http://www.bibliotecasalaborsa.it/ragazzi/eventi/25685

f0196517_5305528.jpg

[PR]
by manekineko-bo | 2015-09-24 05:32 | オープン読み聞かせ会

5月13日(水)にボローニャ市のサラボルサ図書館で、第50回オープン読み聞かせ会が開かれました。

今回は、見て楽しめる絵本『まさかさかさま ふしぎサーカス』から読み始めました。絵本の上下をさかさまにすると、登場人物や展開が変わってしまうのには、親子で感心してしまいました。次は、去る3月のボローニャ・ブックフェアにも原画展で参加されていた、いもとようこ氏の『まいったなあ』を読みました。インコと友だちになったすずめが、さらに友だちのすずめを次々にインコのところへ連れてきます。すずめがどんどん増えていく絵を見て、子供たちからも笑いがこぼれていました。「一人はさびしいけれど、友だちが増えすぎるのも困る?」という複雑なインコの気持ちも共感できるものだったのではないでしょうか。
f0196517_5314426.jpg


折り紙はうさぎです。身近で親しみやすい動物なので、かわいく作れるように、みんなが一生懸命がんばっていたようです。
f0196517_5311859.jpg


折り紙のあとは、『ことばのあいうえお』を読みました。「あっ!」の「あ」、「いたい」の「い」など日常よく使う言葉で、楽しく「あいうえお」を見てみました。

紙芝居「おとうさん」は異国風の物語ですが、おとうさんが二人出てくる場面では、みんなびっくり。お話を聞きながら、にせものがどちらなのか子供なりに考えていたようです。

最後は、「大きなくりの木の下で」「手をたたきましょう」などの歌を歌いました。みんなすっかり振り付けが上手になりましたね。
f0196517_5304795.jpg


この日は、図書館前のマッジョーレ広場に聖ルカ教会の聖母が降りてきていて、大変なにぎわいを見せていましたが、そのような状況の中で館内の読み聞かせ会に集まってくださった皆さん、ありがとうございました。また、記念すべき50回目を聖母にも見守っていただいたようで、うれしく思いました。

今年度の読み聞かせ会はこれで終わりです。また、夏休み明けの9月から皆さんと楽しい会を作っていけるようにと願っています。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-05-19 05:36 | オープン読み聞かせ会

4月15日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第49回オープン読み聞かせ会が行われました。天候にも恵まれ、たくさんの親子が集う楽しい会になりました。

初めて参加してくださったイタリア人の親子2組のリクエストにこたえ、折り紙から始めました。今回はハトです。お母さんや大きい子どもたちに手伝ってもらいながら、全部一人で折ってみました。最後に、ちょっとむずかしい中割り折りでくちばしを作ったら完成!羽まで描いて、すてきなハトさんになりましたね。
f0196517_5103793.jpg


絵本は昔懐かしい本から、『とこちゃんをさがせ』、『ぐりとぐら』を読みました。すぐに親から離れてとことこかけだしてしまう男の子「とこちゃん」をみんなでさがした後は、ぐりとぐらになったつもりでお料理を楽しみました。
f0196517_5234285.jpg


紙芝居の「おおきくおおきくなあれ」では、子どもたちが声で元気に参加してくれたおかげで、ぐりとぐらのカステラにも負けない大きなケーキができました。

最後に、「むすんでひらいて」、「とんとんとんとん ひげじいさん」、「いとまきまき」などの手遊び歌を歌って終わりました。
f0196517_5394428.jpg



次回の5月13日(水)は、今年度最後の会になります。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-04-20 05:41 | オープン読み聞かせ会