準会員制度について

いつも「まねきねこ会」のブログを読んでくださいまして、ありがとうございます。

「まねきねこ会」は2008年秋に誕生して、今年で4年目です。
少人数の家族会から始まり、人数も約30家族と会員の数も増えました。

現在は、サラ・べべとサラ・ボルサでの定期的な読み聞かせの活動のほか、2010年より東洋美術研究センターに属する形態ををとり、子供向け日本語勉強会やまねきねこ文庫、レクチャーなど会の活動を、研究所でさせていただいております。

家族の形や、子供の年齢などによって皆さんの希望や要望も様々なものになってまいりました。

そこで、本年度より(〜2012年12月31日まで)準会員(無料)を設けることになりました。

詳細をお知りになりたい方、ご入会希望の方はまねきねこ会事務局までご連絡ください。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-04-08 06:36 | 会員関係

第5回 ママのためのレクチャー ~ジョバンニ・ペテルノッリ先生~

「第5回 ママのためのレクチャー:ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る~宗達、光琳に見る江戸時代における装飾美について~」


此処ボローニャでもすっかり秋の気配が深まり、芸術の秋、文化の秋といわれる季節になりました。

さて、早いもので5回目を迎える「ママのためのレクチャー」。

前回お招きしてたいへん好評だった東洋美術研究所の所長で、ボローニャ大学哲学科の教授でもいらっしゃるジョバンニ・ペテルノッリ先生を再びお迎えして、今回はたっぷりご専門の日本美術について語っていただきます。たいへん貴重な機会ですので皆様、奮ってご参加ください。
また、レクチャーのあとに先生を囲んでの昼食会も予定しておりますので、お気軽にご参加ください。

時 : 2011年12月2日(金) 午前10時よりレクチャー(イタリア語のみ) 
    午後12時30分よりレストランにて昼食会。 

場所 : 東洋美術研究所 ( Al Centro Studi d’Arte Estremo-Orientale )
     Via Santa Maria Maggiore 1/a-f 

レクチャー参加費:お1人、3ユーロ。

参加希望の会員の方は、出席の旨(レクチャーと昼食会について)を11月25日(金)までに事務局までご連絡ください。

研究所の会員限定ではありますが、まねきねこ会のイベントにご興味があり、初めて参加を希望する方も参加可能です。
お気軽に事務局にご連絡ください。
[PR]

by manekineko-bo | 2011-11-09 23:40 | 会員関係

第4回ママのためのレクチャー「我が人生~舞踏家・松山由利子さんに聞く」

第4回ママのためのレクチャー「我が人生~舞踏家・松山由利子さんに聞く」が、2月8日に松山さんのダンス・スタジオで行われました。
(聞き手:烏丸 由美)

f0196517_1541817.jpg由利子さんがダンスの世界に入られたきっかけや、ご家族との関係、そして生涯の伴侶となられる世界的ダンサー、ルイス・リべイーロさんとの出会いのお話から始まって、日本からパリへ、そしてボローニャに行きついたエピソードなどをとても興味深くお話いただきました。

一人息子さんも結局、ダンスの道を選ばれ、その経緯を伺うには少し時間が足りませんでしたが、やはり親としては、好きなことに情熱を注ぐ子供の姿を頼もしく感じていらっしゃるようにお見受けいたしました。ルイスさんは、息子さんがダンサーになられることには大反対だったそうですが、最終的には由利子さんとお二人で息子さんを一生懸命支えていらっしゃるご様子がよく理解できました。小さい頃には、ご両親を前にすわらせて、よく踊っていらしたと伺って、やはりご両親のDNAをしっかり受け継いでいらっしゃったのだなあと思いました。
また、息子さんは父親とはフランス語、母親とは日本語、外ではイタリア語、ご両親の会話は英語、という、まさしくいろんな言語が飛び交う家庭環境で育たれて、そのあたりも自分たちの子供とだぶらせていろいろと勉強になりました。
松山先生、貴重なお時間を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。
これからもダンススクールがますます発展されることを心からお祈りいたしております。

ダンス・スタジオについてのインフォはこちらへ。5歳児から入学可能です。

レクチャーが録音されたcdの貸し出しも可能です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。
[PR]

by manekineko-bo | 2011-02-10 01:59 | 会員関係

レクチャーの場所の変更のお知らせ

2月8日のレクチャーですが、会場が由利子先生のダンススタジオ
Dance Studio(Via Titta Ruffo 8 Bologna)に変更になりました。
時間の変更はありません。


この会場は由利子先生がダンススクールとして使用されている場所です。
土足厳禁です。冷え対策が必要な方は各々ご用意ください。

2月8日(火曜日)
午前10時から11時: 会員ミーティング
午前11時から12時15分: 第4回・ママのためのレクチャー
その後、有志でランチを予定しています。(午後12時30分~)


急な変更が多くなってしまい皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

まだ出欠のご連絡をいただいていない皆様、事務局までご連絡ください。

多数のご参加をお待ちしております。
[PR]

by manekineko-bo | 2011-02-03 00:42 | 会員関係

「第4回・ママのためのレクチャー」のお知らせ 「我が人生~舞踏家・松山由利子さんに聞く」

きたる2月1日(火)、午前11時より東洋美術研究所(Via S.Maria Maggiore 1, Bologna)において「第4回・ママのためのレクチャー」が開催されます。

今回のゲストは長年ボローニャでダンス・スタジオを主宰していらっしゃる舞踏家の松山由利子さんです。
波乱万丈の人生について、そして結婚、仕事、子育ての大先輩でいらっしゃる松山先生に貴重なお話をお伺いします。

皆さまの多くのご参加をお待ち申し上げております。(入場無料、ただし会員限定とさせていただきます。初めての方のみ参加可。)
参加される方は、まねきねこ会事務局までご連絡ください。

松山由利子さんのプロフィール
大阪生まれ。有馬バレエカンパニーでプリマドンナとして活躍、その後世界的なダンサー、ルーイス・リベイ―ロさんと日本で知り合い、電撃結婚。
83年よりボローニャ在住。ご主人とダンス・スタジオを主宰。一男。その息子さんもダンサーとして国際的に活躍中。



尚、当日2月1日(火)は、当日午前10時から、会員ミーティングを行う予定です。また、レクチャーのあと、有志でランチを予定しております。
ご面倒ですが、今週中に会員ミーティング、レクチャー、ランチの出欠の有無を事務局までお知らせください。
[PR]

by manekineko-bo | 2011-01-26 00:02 | 会員関係

第3回ママのためのレクチャー「ジョバンニ・ペテルノッリ先生を囲んで」

f0196517_5124435.jpgさわやかな秋空の下、今回で3回目になる「ママのためのレクチャー」が、10月22日、東洋美術研究所で行われました。
今回も、赤ちゃん連れのママを含め、たくさんの方が参加してくださいました。

東洋美術研究所の所長であり、ボローニャ大学の文学・哲学部教授でもあるジョバンニ・ペテルノッリ先生のお話は、先生の流暢な日本語で始まりました。
日本美術との出会いから、美術書の蒐集のきっかけとなる合計10年にも及ぶ4回の日本ご滞在を通して育まれた日本美術に対する熱い思い、そしてこの研究所の歴史まで、またそれに深く関わる先生の素朴で純粋な日本の人々との出会いや、心打たれるエピソード等、聞いている私たちの胸も熱くなるようなお話ばかりでした。

f0196517_5112370.jpg
レクチャーの後半では、中国美術と日本美術の違いや、日本の装飾美、または浮世絵に見られる美的な日常性などについて具体的に作品を見せていただきながら、 日本美術の質の高さを詳しく説明していただきました。

ペテルノッリ先生、たいへん貴重なお話を本当にありがとうございました。


次回「第4回ママのためのレクチャー」は2月初旬に予定しております。
お楽しみに。
[PR]

by manekineko-bo | 2010-10-24 05:13 | 会員関係

児童合唱団のご案内

まねきねこ会の皆さんへ

2008年9月にできたPicaBo(アメリカインディアンの言葉で輝く水という意味です)という子供コーラスの紹介をさせて頂きます。

年齢は4、5歳から中学生まで。現在はサンプローコロ教会 Via D'Azeglio, 52で、 月曜日17時頃から19時まで練習をしています。

レッスンの内容はソルフェージュ、発声練習、体操等をまじえた歌の練習です。世界中を回る歌の旅をしています。現在のレパートリーはイタリア、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、オーストラリア、アメリカ、日本の四季の歌等、各国の言葉で歌います。また、教会音楽の練習もしています。カトリック云々にかかわらず、多くの教会音楽は美しいハーモニーを子供達に教えてくれます。今年はオペラのコーラスに参加します。

一度見学においで下さい。お待ちしています。

ホームページはこちら
お問い合せ:柳橋里美
[PR]

by manekineko-bo | 2009-12-09 22:27 | 会員関係

第2回ママのためのレクチャー「フェリット・ゆりかさんに聞く〜 イタリアと日 本、両国籍で生きる私」

f0196517_6524853.jpgゆりかさんは前回いらしていただいた、スポーツジャーナリストの波平千種さんの次女で現在21歳。
ボローニャ大学の現役の学生です。今回は「娘」の立場から、このイタリアでイタリア人の父と日本人の母を持って生きることについていろいろ伺いました。

あいにくの曇天でしたが、レクチャー会場の東洋美術研究センターは、ゆりかさんの到着で華やかな雰囲気に包まれ、事前に募った15項目の質問一つ一つに丁寧な回答を得たのはもちろんのこと、更なる質問がこの日参加したママたちから飛び交いました。

質問はやはり、2重国籍に関すること、両国の文化・習慣の違いについて思うこと、幼少時代の体験といったことに集中し、回答にはイタリアで生活するママたちにも共感する部分が多く、思わず笑ってしまう場面も。ゆりかさんは、十数年後の我が子がこのように育っていってくれたら、と声に出さずにはいられない程、真面目かつ素直で明るいお嬢さんで、質問に返答する一生懸命な姿勢や、思わず飛び出したプライベートに関する質問に照れる様子など、イタリアでの大和撫子を想像させました。ご両親からイタリアと日本両文化をしっかりと受け継いだ結果でしょう。

日本語があまり得意でないと緊張していられたゆりかさん、多種多様な質問に丁寧にお答えくださり、本当にありがとうございました。

この日通訳を務めたママの赤ちゃんが泣き出したり、という場面もありましたが、レクチャーは滞りなく終了しました。今回参加できなかった小さなお子様連れのママたちも、次回は是非チャレンジしてみて下さい。

f0196517_9595299.jpg


今回のレクチャーは音声録音しました。まねきねこ会員限定で貸し出し可能予定です。詳細は追ってお知らせいたします。



               
[PR]

by manekineko-bo | 2009-11-17 10:00 | 会員関係

第2回ママのためのレクチャー「フェリット・ゆりかさんに聞く~ イタリアと日本、両国籍で生きる私」

秋もずいぶん深まってまいりました。田舎のほうに行くと石榴の赤い実やそれこそ「栗色」の栗たち、そしてキノコや色とりどりの落ち葉など、それはもう秋らしい色がさまざまに木々の緑と一緒になってよりいっそう美しく、心がなごみます。

さて、来月11月13日(金)の午前11時より、東洋美術研究センター(Via S.Maria Maggiore 1, Bologna)において

第2回ママのためのレクチャー「フェリット・ゆりかさんに聞く~ イタリアと日本、両国籍で生きる私」が開催されます。

ゆりかさんは、第1回のレクチャーでお話をうかがったスポーツジャーナリストの波平千種さんのお嬢さんです。
今回は、イタリアと日本の2つの国籍をもって生きる、ゆりかさんの考え方や、生き方などについてお話をうかがいます。
皆さまのご参加をお待ちしております。(入場無料、ただし会員限定とさせていただきます。)参加される方は、まねきねこ会事務局までご連絡ください。


ゆりか・フェリットさんのプロフィール

1989年11月9日 ドイツ、ベルリンの壁崩壊の日にボローニャに生まれる。
父はイタリア人、母は日本人。5歳上の姉がいる。
小学校、中学校に通った後、サビン科学高校の卒業試験を満点で卒業。
現在ボローニャ大学政治科学学部国際研究学科で勉強中。
[PR]

by manekineko-bo | 2009-10-30 14:58 | 会員関係

まねきねこ会ミーティング&”ママの為のレクチャー第一回”

暫定期間終了総会"ママの為のレクチャー第一回”が、4月20日に行われ平日にも拘らず大勢の方が参加して下さいました。

総会を終えて、これからの活動について2つのお知らせがあります。

1. 9月以降、0-3歳児向けのイベントとして、ボローニャ市立図書館Salaborsa内 Sala bebé での定期的な読み聞かせ会〔午前中開催)を検討中です。小さなお子さんをお持ちのお母さん同士の交流の場として興味のある方、参加ご希望の方はぜひ事務局 までご連絡ください。
 
2. 9月から毎週土曜日の午前中に極東文化研究所にて就学年齢に達した子供を対象に勉強会を開始します。参加希望者はこちらも同様に事務局までお申し出ください。

                     ******

 ”ママのためのレクチャー第1回”日刊スポーツ紙通信員 波平千種(なみひらちぐさ)さんをお迎えして「私はどうやって子育てを卒業したか。」 という題目でお話いただきました。
 こ の日はあいにくの雨でしたが、子育てに高い関心を持つママたちにとっては、イタリア在住27年で二人のお嬢さんを育て上げた波平さんに貴重な体験談を伺う ことのできた有意義なひとときとなりました。バイリンガル教育に限らず、仕事をしながらの育児についてや、イタリアの教育方法といった幅の広い話が繰り広 げられ、聴衆者のママたちは真剣そのもの。
 
f0196517_823559.jpg

 
お話の後には、質問コーナーもあり、日ごろの子育てを通しての疑問点の他にも、将来的な展望も含んだ、様々な質問が飛び交いました。その一つ一 つに丁寧にお答えくださった波平さん、本当にありがとうございました!今後も様々なゲストをお迎えして”ママのためのレクチャー”を続けていきたいと思い ます。皆さんのご支援よろしくお願いします!
 
                     ******

さて、いよいよ夏休み前最後のイベントのお誘いです。
5月10日〔日〕にピクニック、青空読み会を行います。
 
場所:Parco Talon (Casalecchio di Reno)
時間:11時集合
持ち物:お弁当、飲み物、レジャーシート

 
公園内には遊具もありますが、大縄跳びや、花いちもんめといった普段できない遊びもできたらと考えています。
注意(!):地面の濡れを考慮し、当日だけでなく前日に雨が降った場合も16日〔土〕に順延となります。また15,16日が雨天の場合は中止とさせて頂きます。皆さんブログにてご確認ください。
久しぶりの屋外でのイべントです。みんなで思いっきり楽しみましょう!参加ご希望の方は事務局までご連絡くださいませ。
[PR]

by manekineko-bo | 2009-04-23 08:34 | 会員関係