第59回オープン読み聞かせ会

9月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、今年度のオープン読み聞かせ会が始まり、幼稚園の年少さんから小学一年生までの子供たちが参加しました。

『うしろにいるのだあれ』は、小さい子から大きい子まで、そしてイタリア人の子供も楽しめる絵本です。うしろにいるのは誰かを当てっこしながら、日本語で動物の名前を言ってみました。つづいて『だるまちゃんとてんぐちゃん』を読みました。うちわや履き物やらがたくさん出てくる絵がおもしろく、みんな釘付けになっていました。
f0196517_2149738.jpg

このほかに、くり返す音と言葉遊びがおもしろい『にょきにょきの木』を読みました。

紙芝居の『まんまるまんまたんたかたん』では、みんなで忍者の男の子の術がうまくいくように「たんたかたん」と手をたたいて応援しました。

折り紙は、お月見にちなんでウサギを折ってみました。後半がちょっと難しかったですが、最後にはウサギがみんな立って勢ぞろい!
f0196517_21491656.jpg


次回の10月19日(水)も、皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]

by manekineko-bo | 2016-09-28 21:53 | オープン読み聞かせ会