第58回オープン読み聞かせ会

5月18日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で絵本の読み聞かせ会が行われました。今年度の最終回となりましたが、新しい読み手も加わり、絵本好きの子供たちが集まって楽しい読み聞かせ会になりました。
まず、言葉遊びが面白い『くだものだもの』から読み始めました。


f0196517_5514929.jpg



次に、ジェラートが食べたくなる季節に合わせ、『しろくまパパのソフトクリーム』を読みました。しろくまパパのお茶目な性格が伝わってきて、親子一緒にほんわかした気持ちになれました。『ねこざかなのおしっこ』は、カラフルな絵とともに想像の世界が楽しめるお話です。しかけのページでは、子供たちが前に出てきて、とびうおのヒラヒラのひれをさわっていました。もう一冊のしかけ絵本『しろくまのパンツ』では、次々に出てくるパンツを見ながら、子供たちと一緒に誰のパンツか考えました。

紙芝居は、『ごきげんのわるいコックさん』を読みました。子供たちがコックさんに呼びかけると、コックさんのきげんがなおって、ペロペロキャンディーを作ってくれました。


f0196517_5521748.jpg



最後に、折り紙でかたつむりを作りました。はさみを使うところもありましたが、自分で切るのに挑戦した子もいました。こんな色とりどりのかたつむりがいたら、雨の日も楽しくなりそうですね。


f0196517_553297.jpg



SalaBorsa Ragazziでの読み聞かせ会は、6月から夏休みに入ります。また、9月に皆さんと再会できるのを楽しみにしています。一年を通して参加してくださった方々と、ご協力くださったサラボルサ児童図書館の方々に心より感謝申し上げます。
[PR]

by manekineko-bo | 2016-05-24 05:54 | オープン読み聞かせ会