第14回ママのためのレクチャーのお知らせ


「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る
日本美術における自然の重要性について-
L'importanza della natura nell'arte giapponese」


2016年5月31日(火) 午前10時~ 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d-Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)



「ママのためのレクチャー」も回を重ねて、今回で14回目となります。
東洋美術研究所の所長のジョバンニ・ペテルノッリ先生を約1年半ぶりにお迎えして、
「日本美術における自然の重要性について」についてお話をお伺いします。

日本美術において、自然は常に必然のように、日本美の中に内在しておりました。雪舟、狩野派、光琳、宗達などといった偉大な絵師たちも自然を取り扱ったその代表的な作家といえるでしょう。今回は、日本美と自然の関係を、ペテルノッリ先生の持論や経験も交えながら、その重要性についてじっくりお話をしていただきます。

先生独特の世界観による、総合的な美術論をじっくりお聞きいただきながら、日本美の特徴やその意義について理解を深めていきたいと思います。(講義はイタリア語です。)

日本人の観点とはまた違った先生の鋭い見識と興味深いお話は、みなさまに堪能していただける事と思います。最後に皆様からのご質問もお受けいたします。


レクチャー参加費・お一人3ユーロ 
参加をご希望の方は、29日(日)までに事務局(manekineko.bo@gmail.com )までご連絡ください。
<司会・レクチャー担当 烏丸由美(美術家)>



f0196517_553172.jpg

[PR]

by manekineko-bo | 2016-05-21 05:10 | ママのためのレクチャー