第53回オープン読み聞かせ会

11月11日(水)、サラボルサ児童図書館で絵本のオープン読み聞かせ会が行われました。同日、図書館前のマッジョーレ広場ではチョコショーが開催されており、大変な賑わいを見せていましたが、読み聞かせ会にもたくさんの親子が参加してくれました。

まずは、先月の「ほんとのおおきさ水族館」につづき、「もっと!ほんとのおおきさ動物園」を見ながら、動物の名前やその特徴を日本語で言ってみました。見開きになったライオンのページはすごい迫力で、子どもたちが絵本の前に集まってきました。
f0196517_60435.jpg

つづいて、「だるまちゃんとてんぐちゃん」「ないた」などのお話を読みました。
毎月恒例になった紙芝居も楽しいひとときです。「めだかのめめちゃん」を読み終わったあと、小さなお子さんから「もう一回!」という声があがりました。もう一度読んであげたいところでしたが、代わりに「めだかの学校」を歌ってみました。
最後の折り紙ラボでは、「犬」を折りました。比較的簡単だったので、初めて挑戦した子どもたちも上手に折れて、一緒に来たお母さんやおじいさん、おばあさんに満足そうに見せていました。

次回は12月2日(水)です。2015年最後の読み聞かせ会となりますので、ふるってご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-11-16 06:17 | オープン読み聞かせ会