第52回オープン読み聞かせ会

穏やかな秋晴れに恵まれた10月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第52回オープン読み聞かせ会が開かれました。

まず、図書館おすすめの蔵書『ほんとのおおきさ水族館』で、ふだんはなかなか見られない海の生き物の写真を原寸大で見てみました。みんなが大好きなイルカやペンギンから、小さな熱帯魚、そして4ページにまたがった大迫力のこわ〜いシャチまで、いろいろあって子供たちも楽しんでいたようです。

読み聞かせでは、子鹿が「おとなになって角が生えたらどうなるのかな」とイメージをふくらませる『おとなになったら』と、ももちゃんが新しいかさと長靴で雨ごっこをする『あめこんこん』という、子供のほほえましい想像力を描いた絵本を二冊読みました。
f0196517_52240100.jpg

紙芝居「おにとごんろく」は、はじめから終わりまでほのぼのとしたお話です。きつねが上手に化ける、ということはみんな知っていたのでしょうか?

最後は、ハロウィンにちなんで、かぼちゃを折りました。色とりどりのおちゃめな表情のかぼちゃができましたね!
f0196517_5224783.jpg

次回は11月11日(水)です。お友達も誘って、ぜひご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-10-25 05:25 | オープン読み聞かせ会