第48回オープン読み聞かせ会

3月25日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第48回オープン読み聞かせ会が行われました。暦の上では春が始まったものの、あいにくの雨で肌寒い日となりました。

今回は恒例の折り紙から始めました。何ができるか想像しながら、まず紙を三角に折ってみます。
f0196517_3252871.jpg

そして・・
f0196517_3264415.jpg
いろいろな模様のかわいいカメさんができました!

絵本の読み聞かせは、学校に行きたい女の子の話「るるちゃんのがっこう」から始めました。つづいて読んだ「どうぞのいす」では、いすのところに次々とやってくる動物たちのふるまいがほほえましく、展開もおもしろくて、親子で笑ってしまいました。最後に、イタリアを舞台にした「やっとあえた」を読みました。色々な種類のトマトがある八百屋さんや教会前の広場などの美しい絵は、イタリアで生活する子どもたちにも親しみ深いものだったのではないでしょうか。

歌は、折り紙のカメにちなんだ「もしもしカメよ」と、すでにおなじみになった手遊び歌「あたま、かた、ひざポン」を親子で歌ってみました。

次回は4月15日(水)です。たくさんの方のご参加をお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2015-03-29 03:51 | オープン読み聞かせ会