第45回 オープン読み聞かせ会

11月19日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第45回オープン読み聞かせ会が開かれました。寒いながらも晴天に恵まれ、たくさんの親子が集まってくださいました。

初めに、大型本「ほんとのおおきさ動物園」を読みました。リアルでありながら、どこかユーモラスな写真を見ながら、いろいろな動物の名前を日本語で言ってみました。
 
動く折り紙第2弾は恐竜です。自分で最後の一折りをしたら、目や足を書き入れます。体を左右にひっぱると口がパカッと開く様子に、子供たちは大喜びです。

絵本は、トイレを流さず手を洗わずに出ようとすると現れるおじさんの話「トイレせんちょう」と、くまの女の子ミンがおにいちゃんたちとピクニックに行く話「くまのこミンのおうち」を読みました。子供たちにとって身近で楽しいお話だったようです。
f0196517_23594754.jpg

紙芝居「こねこのしろちゃん」では、シンプルで愛らしいねこの絵にひきつけられたのか、じっと聞き入っていたイタリア人の女の子もいました。

最後に「おおきなくりの木の下で」を振り付けをしながら歌いました。子供たちのほうから「もう一回」の声がでるほど、おなじみの歌になりました。

次回はクリスマス休暇前なので一週早まって12月10日(水)です。たくさんの方のご参加をお待ちしております。
[PR]
by manekineko-bo | 2014-11-24 23:54 | オープン読み聞かせ会