第11回「ママのためのレクチャー」のお知らせ

「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る−江戸時代中期・後期の絵師・丸山応挙について 」

2014年11月20日(木) 午前10時〜 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d-Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)


 「ママのためのレクチャー」も回を重ねて、早いもので11回目を迎えます。

今回は、東洋美術研究所の所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生に、江戸時代中期―後期の絵師、丸山応挙(まるやまおうきょ・1733-1795)についてお話を伺います。応挙は近現代の京都画壇にまでその系統が続く「 円山派」の祖であり、写生を重視した親しみやすい画風が特色です。
応挙の世界観をじっくりお話していただきながら皆で理解を深めていきたいと思います。(講義はイタリア語です。)
日本人の観点とはまた違った世界観での先生の深い見識と興味深いお話に堪能していただける事と思います。
先日オープンしたポッジ宮の博物館内の日本美術の常設展示室のお話も聞かせていただけるかもしれませんね。

レクチャー終了後、午後12時30分ごろより先生を囲んでの昼食会を予定しております。
こちらもぜひご参加ください。

レクチャー参加費・お一人3ユーロ 
(参加人数によっては、少し変更するかもしれません。ご了承願います。)

参加希望の方は、11月18日(火)までに事務局までご連絡ください。

たくさんの皆様のご参加をお待ちいたしております!
[PR]

by manekineko-bo | 2014-11-16 18:51 | ママのためのレクチャー