「文庫便り」

ボローニャ児童書ブックフェアー参加のためにボローニャにいらっしゃっていた、講談社の児童局の方がお二人、東洋美術研究所と所内のまねきねこ文庫を見学するために来訪してくださいました。

まず、研究所内の日本の美術書をはじめとする約2万冊の蔵書の数にびっくりされていらっしゃいました。
加えて、日本の児童書が2000冊以上書架に並ぶまねきねこ文庫の充実した内容にも、とても驚いていらっしゃいました。
f0196517_62428100.jpg

「子供達にはどんな本が人気がありますか?」、「お母さん達は、どのような本を借りていかれるのですか?」
など、いろいろな質問がでました。
最後は、今の日本の子供達の本離れの現状と、その抑止策等についてもお話いただき、たいへん興味深かったです。
f0196517_6261380.jpg

こうして、実際に出版社の方に来ていただいて、いろいろとお話を伺う貴重な機会を持つことができて、たいへん光栄でした。
これからも、活発に書誌活動を進め、まねきねこ文庫をさらに充実したものにしていきたいと思います。
[PR]

by manekineko-bo | 2014-04-01 06:18 | 文庫