第22回 サラべべ読み会

2月15日、長い間降り続いた大雪もおさまり、無事にサラベベ読み会が行われました。
会場のボローニャ市立図書館Salaborsa周辺にもまだ雪がうっすらと積もっている中、日本人の4家族に加え、イタリア人の3家族も参加してくださいました。

いつものように、子供たちの名前を入れた”こんにちは”の歌で始まりました。
最初に読んだ「いないいないばあ」では、動物たちが「ばあ」とする様子に、日本人だけでなくイタリア人の子供たちも大喜びです。
それから、小さい子向けの「ねずみくんのチョッキ」「これなーんだ」「おうまさんしてー」を読んでいきました。
参加してくださったお母さんも「だるまさんが」と「おしり」を楽しく読んでくださいました。
季節にちなんだ「ゆきがやんだら」を読んだ後、手遊びで体を動かしながら親子で歌を歌いました。

今回初めて登場した「カラオケ絵本」には、子供たちでマイクの取り合いになるほど、みんなが惹きつけられました。可愛らしい絵を見ながら、子どもたちになじみの深い歌を歌いました。
f0196517_7112722.jpg

最後に読んだ「きんぎょがにげた」では、みんなが本の前に集まって一生懸命きんぎょを探していました。

寒く足場も悪い中、ボローニャ市内だけでなく市外からも参加していただき、本当にありがとうございました。
来月の読み会は第2水曜日の3月14日になります。
たくさんのご家族にお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-02-15 23:02 | Sala Bebe読み会