新年会

寒さが一段と厳しくなってきた先日1月15日に、まねきねこ会の「新年会」が催されました。

参加者総勢約70名、ボローニャ近郊からの参加も合わせて20家族以上が集まり、とても楽しくにぎやかな会になりました。

開会の挨拶の後、まず日本語学校の1,2年生の寸劇「おおきなかぶ」が始まりました。
2ヶ月以上練習のかいあって、歌もお芝居も子供たちは本当に立派に、一生懸命よくがんばりました。
最後は会場からは大きな拍手が起こりました。

f0196517_2345101.jpg


次は高学年の寸劇「ぶす」です。
日本の狂言の有名なお話です。
今回は、子供たち6人が一丸となって、難しい狂言のお芝居に取り組みました。こちらも、練習を積み重ねた成果があらわれ、大成功でした。

f0196517_23461055.jpg


その後、日本語の絵本の読み聞かせをしました。

小さい子供たちは特に熱心に一生懸命お話に聞き入っていました。
「だっこだっこだいすき」、「つららがぽーっとん」のほか、日本に帰国されたお友達からこの日のためにプレゼントされた本「七ふくじんとおしょうがつ」も皆で読みました。

f0196517_23474893.jpg


それが終わると、みんなで持ち寄ったお料理や飲み物を楽しみながら、つかの間の歓談タイム。
ママもパパもお話に花が咲きます。
子供たちも元気よく遊んでいました。

さて、子供たちのミニコンサートの始まりです。
まずはバイオリン演奏。
シューマンの「楽しき農夫」から始まって、バッハ、ブラームス、そして最後はヘンデルの「ブーレ」まで7曲を立派に弾いてくれました。
そして、ピアノ演奏。
バッハのプレリュードが披露されました。

それから、「みんなで歌おう日本の歌、子供の歌」と、いう事でママや子供たちに舞台に出てきてもらって、みんなで大合唱になりました。
「お正月」、「月の砂漠」、「どんぐりコロコロ」、「手をたたきましょう」など、日本のなつかしい歌を楽しく歌いました。

f0196517_23492472.jpg



今回も大勢の会員の方々のご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。

2012年もまねきねこ会をみんなで楽しく有意義な会にしていきましょう。
[PR]

by manekineko-bo | 2012-01-15 23:42 | まねきねこ会イヴェント