第3回ママのためのレクチャー「ジョバンニ・ペテルノッリ先生を囲んで」

f0196517_5124435.jpgさわやかな秋空の下、今回で3回目になる「ママのためのレクチャー」が、10月22日、東洋美術研究所で行われました。
今回も、赤ちゃん連れのママを含め、たくさんの方が参加してくださいました。

東洋美術研究所の所長であり、ボローニャ大学の文学・哲学部教授でもあるジョバンニ・ペテルノッリ先生のお話は、先生の流暢な日本語で始まりました。
日本美術との出会いから、美術書の蒐集のきっかけとなる合計10年にも及ぶ4回の日本ご滞在を通して育まれた日本美術に対する熱い思い、そしてこの研究所の歴史まで、またそれに深く関わる先生の素朴で純粋な日本の人々との出会いや、心打たれるエピソード等、聞いている私たちの胸も熱くなるようなお話ばかりでした。

f0196517_5112370.jpg
レクチャーの後半では、中国美術と日本美術の違いや、日本の装飾美、または浮世絵に見られる美的な日常性などについて具体的に作品を見せていただきながら、 日本美術の質の高さを詳しく説明していただきました。

ペテルノッリ先生、たいへん貴重なお話を本当にありがとうございました。


次回「第4回ママのためのレクチャー」は2月初旬に予定しております。
お楽しみに。
[PR]

by manekineko-bo | 2010-10-24 05:13 | 会員関係