第13回ボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会

午前中に降った大雨が嘘の様に、午後にはすっきりと晴れ渡ったボローニャで、第12回オープン絵本の読み聞かせ会がボローニャ市立図書館Salaborsaで行われました。

ここ最近不安定なお天気が続いたせいか、体調を崩している子供たちもいて、Salabebe’同様少人数でスタートしましたが、日本児童文学研究をされているイタリア人女性や、イタリア人のお友達も来てくれて、バラエティに富んだ顔触れとなりました。

絵本を読み始める前に、読み手が即興で本の内容を要訳。

まずは、比較的短いお話の「かやねずみのおかあさん」で始めました。「なかまって さいこうさ」「ちいさなピープ」に続き、「すいか ごろりん」ではダイナミックな写真が子供たちの心を惹きつけます。スイカの美味しい季節を目の前にして、日本でもイタリアでもお馴染みのスイカを題材にした本は、みんなの関心をひいたようです。
最後のお話は、家族と離れ離れになってしまった小熊がたくましく生きていこうとする姿を描いた「こぐまの森」。

会の終盤は、通りがかったイタリア人の子供達が足を止めて、しばしの間、日本語で語られる絵本に耳を傾け、賑やかな雰囲気に包まれました。
小さい子供達が多かった今回の会ですが、皆最後までいい子にお話を聞いていました。

f0196517_8302412.jpg


次回は、夏休み前最後のボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本読み聞かせ会となります。日程は、以下の通りです。

2010年6月16日(水)
・16:30~17:30
 Sala bebe' で第8回オープン読み聞かせ会(0-3歳児)を行います。

小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。
               
・17:30~18:30 
第14回オープン読み聞かせ会 
シンプルな絵本からお話絵本まで様々な絵本を読んでいますので、0歳児から99歳まで希望者はどなたでもご参加ください。
[PR]
by manekineko-bo | 2010-05-25 08:27 | オープン読み聞かせ会