アグリトゥリズモ"カンピューメ" ピクニック遠足

春を迎えてたエミーリア・ロマーニャ州ではここの所ずっと不安定なお天気が続いて、4月下旬のピクニック順延の経験からハラハラの連続でしたが、5月9日は朝から最高のピクニック日和となりました。

今回は、昨年9月にブリジゲッラのアグリトゥリズモ「カンピューメ」にて行われた、ワイン造り体験の「完結編」で、子供達が実際に踏んだ葡萄から出来あがったワインにマイラベルを制作して完成させる、という待ちに待った大イベントです。
10家族総勢28名が参加して有意義な日曜日のひと時を過ごしました。

*******************************************************************

まずは、青空の下でのお弁当。
手作りのお昼ごはんを楽しんだ後は、子供は元気に駆け回って遊び、大人はおしゃべりを楽しみました。久しぶりに顔をあわせた家族との近況報告や、少し見ない間にぐんと成長した子供たちについてのお話など、本当に話題は尽きないものです。

「青空絵本の読み聞かせ会」が始まることによって、遊びまわっていた子供たちもやっと一所に集まりました。

f0196517_616990.jpg


春にちなんだ「さくら」や「そらまめ君のいちにち」「いちごとおひさま」などといったこの季節らしい絵本を読み終わると、いよいよ子どもたちによるワインのマイラベル作りです。

「カンピューメ」のご主人が用意してくださった白地のラベルに、思い思いのデザイン、色、文字などで、子供達が各々の年齢らしい、個性的でのびのびとした素敵なお絵描きがどんどん生まれます。大人たちも、子供たちにアドバイスしたり、真剣にラベルに向き合う子供の表情を写真に収めようとカメラマンになったりと、皆大忙しでした。

f0196517_6172083.jpg

f0196517_618013.jpg


そしてこちらが出来上がったワインボトル。
  
f0196517_6192821.jpg


子供たちも得意げな顔をしていますよね。みんな大満足!!

f0196517_6185280.jpg


大きな鋏を使っての葡萄摘み、葡萄の実を枝から丁寧にたらいに落とし、きれいに洗った足でたらいに入り葡萄を踏む作業等、最初からの一つ一つの行程を実際に体験した子供たちですから、この誇らしげな表情も納得できますね。

葡萄造りは天候に左右されますし、樽での熟成期間もふくめ、ワイン造りは、忍耐と繊細なケアが不可欠でその作業を一手に引き受け、子どもたちに貴重な体験と思い出を作って下さった「カンピューメ」のご主人と奥様に、参加家族一同より、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にどうもありがとうございました。

アグリトゥリズモ「カンピューメ」のサイトはこちらです。
[PR]
by manekineko-bo | 2010-05-14 06:28 | まねきねこ会イヴェント