第8回ボローニャ市立図書館Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせ会

厳しい寒さが到来した12月16日、「子供は風の子」にふさわしい元気な子供達がボローニャ市立図書館Salaborsaに集まりました。
最初の本は、子供たちに大人気のシリーズ絵本のなかから「ぐりとぐらのおきゃくさま」。「ぐるぐるうずまき」では、最後に自分たちの指にある指紋を見て、一番身近な「うずまき」の確認をしました。昔の古い日本画の中に登場するお化けの絵を集めた「ぞくぞく ぞぞぞ」では、怖さより好奇心が優先しました。「きたきつねのゆめ」を最後に計6冊を読んで2009年最後ののオープン絵本の読み聞かせ会を終了しました。

f0196517_3104524.jpg


冬休み期間中はまねきねこ会も活動をお休みいたします。年明けより日本語勉強会の新学期がスタートし、Salaborsaでのオープン絵本の読み聞かせなど様々な活動が再開いたしますので、各詳細をブログにてご確認ください。お蔭様で2009年、まねきねこ会は大きく発展することが出来ました。2010年もますます充実した活動にしてまいりたいと思いますので、今後とも皆さまのご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。それでは皆さまも良い年の暮れとすばらしい新年をお迎えください。   まねきねこ会一同
[PR]
by manekineko-bo | 2009-12-22 03:11 | オープン読み聞かせ会