イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
11:00~11:45開催
次回開催は3月8日(木)です。(12月~2月はお休みさせていただきます)
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
毎月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は12月13日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
more...
記事ランキング
画像一覧

児童書フェア&まねきねこ会イヴェント

今年の児童書フェアは今月23日から26日まで開催され、その関連も含め、まねきねこ会でもこの2週間に3つのイベントがありました。
 
***

3月18日にボローニャ市立図書館Salaborsaの児童図書館内で、第1回の「オープン絵本の読み聞かせ会」が行われました。
 
当日、17時には、集まる人で賑やかな雰囲気が。その中には、いつもの「まねきねこ会」の子供たちのみならず、イタリアの子供たち、そしてイタリアの大人の方も何人かいらしてました。
絵本を読み始める前に、挨拶。今回は通常とは違い、日本語とイタリア語の両方で行い、せっかく来ていただいたイタリアの方のためにと、イタリア語の要訳も読みあげました。
いつもと違う雰囲気のせいか、読み手も少し緊張気味?子供たちもいい子に絵本のお話に耳を傾けていました。
f0196517_21485592.jpg

次回からの、ボローニャ市立図書館Salaborsaで、オープン絵本の読み聞かせ会の日程は以下の通りです。
 
2009年4月15日(水)17:30
2009年5月20日(水)17:30
2009年6月3日(水)17:30
 
前回対象年齢は3歳児以上としていましたが、シンプルな絵本からお話絵本まで様々な絵本を読んでいますので、0歳児から99歳まで希望者はどなたでもご参加ください。また、Sala Borsaの300冊近い日本語の絵本も、家での読み聞かせにぜひご利用ください。

問合せ:サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 ragazzisalaborsa@comune.bologna.it あるいは、まねきねこ会事務局にお問い合わせ下さい。

***
 
3月21日には、ボローニャ現代美術館MAMboにて「ごぶごぶごぼごぼ」など創作絵本の作家として国際的に活躍されている駒形克己先生が、まねきねこ会の子どもたちのために小さなワークショップを開いてくださいました。親子を含めて20人ぐらいで行われました。
 
始 めに、駒形先生の作品を中心に、絵本の読み聞かせをしました。本を広げると、木の形が飛び出してきたり、魚の切り絵のようなデザインの入ったものだった り、とてもシンプルでしかも詩的な創作絵本に子供たちは思わず手で触れたくなるような勢いで興味深そうに眺めていました。
f0196517_21514530.jpg

ちょうど駒形先生の絵本を読み終った頃、駒形先生ご本人が登場。子供たちは「こんにちは!」と元気に挨拶しました。
f0196517_2154250.jpg

駒 形先生によるワークショップでは、まずは全員に真っ白の二つ折りされた人の顔にも見えるようなシンメトリー(左右対称)の2つの穴と、切り込みの入った 紙を一枚渡され、それを色紙(いろがみ)や色ペン、のり、はさみを使って、白い紙の表側と裏側に「自分の顔」を表現しました。子供も大人もみんなかなり真 剣で、一心に作品に打ち込んでいました。
f0196517_21552849.jpg

最後に、先生のコメントをいただきながら、全員作品を紹介していきました。楽しい作品がたくさん出来上がりまし た。想像力をかきたてる魔術師のような駒形先生はとても親しみやすい方で、ユーモアを交えてご指導くださり、とても和やかな楽しい雰囲気のなかで、皆思い思いの作品を創作することができました。
f0196517_21545916.jpg

最後に子供たちと一緒に記念撮影をして、ワークショップは無事終了しました。
f0196517_21581827.jpg

***
 
3月24日には、Libreria Stoppani にて、画家&絵本作家の北見葉胡さんによる”本年度RAGAZZI賞受賞記念”サイン会+読み聞かせ会が行われました。

 
北見先生の紹介から始まり、簡単な絵本の説明、そして北見先生ご自身による「ルゥとリンデン旅とおるすばん」の読 み聞かせに移りました。北見先生が日本語で読まれたあと、ストッパーニ書店の方がイタリア語でその対訳を読むという形でした。先生のご提案で大きな紙芝居の サイズにした絵本を使って読んで行かれたので、子供も大人も、細かいデティールを見ながら絵本の世界をよく理解していくことができたと思います。
 
また、描かれている絵が北見先生のお人柄そのものだという印象を受けました。穏やかで優しそうな方でした。
子供たちもみんな、やはり本物の作家の方が読まれるということと、新しい場所ということでか、
ほとんど注意をしなくてもいいくらい、お行儀よく聞いていました。
f0196517_2204270.jpg

f0196517_221839.jpg

絵本を読み終えた後は、北見先生と絵本の中に隠されているいくつかの小さなトリック探しをしたのですが、子供たちは目を輝かせ、身を乗り出して一心に絵本に見入っていました。
f0196517_2215818.jpg

最後に子供たちと一緒に記念撮影をしていただき、その後サイン会へ。
絵本作家さんご自身に、目の前で絵本を直接読んでいただくという貴重な体験を満喫できたイベントでした。
出版元の講談社児童局の方々にもご協力いただきました。
f0196517_2233429.jpg

f0196517_2235475.jpg


「児童書フェア」の最終日には、日本の出版社数社からまねきねこ会に100冊以上の絵本の寄贈を賜りました。これも、子供たちへの未来を願う、一人一人のママたちの尽力のおかげです。この貴重な財産と、さらなる有意義な体験を皆様と共に分かち合えることを楽しみにしています。
皆様、本当にありがとうございました。
 
 
4月に予定していた「まねきねこ会」によるバザーのイベントは中止となりました。5月にはピクニックを予定しています。詳細は追ってお知らせいたします。
[PR]
by manekineko-bo | 2009-03-30 22:10 | まねきねこ会イヴェント