「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

第14回ママのためのレクチャー

「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る
日本美術における自然の重要性について-
L'importanza della natura nell'arte giapponese」

2016年5月31日(木) 午前10時~ 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d-Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1)


先日5月31日に、東洋美術研究所の所長のジョバンニ・ペテルノッリ先生を約1年半ぶりに
お迎えして「日本美術における自然の重要性について」についてお話をお伺いしました。

日本美術において、自然は常に必然のように、日本美の中に内在しておりました。
今回は、先生にさまざまな時代の様々な作家たちの、自然とかかわる作品を
見せていただきました。例えば、平安時代の源氏物語の絵巻物から、光琳、応挙など屏風絵、
そして江戸時代の春信や清長などの浮世絵、果ては日本で近年人気沸騰の若冲の作品に至るまで。
先生の奥の深い作品解説をお聞きしながら、皆で注意深く見ていきました。
さらに雪舟、狩野派、琳派、等伯らの屏風絵や襖絵などは、自然を取り込んだ、
そして装飾的であるがゆえの、その耽美的な美しさにうっとりする
本当に見事なものばかりでした。

また、ヨーロッパと日本の国宝の扱い方やその理念の違い、絵画と工芸品における
芸術的価値観の違いなども、私たち日本人にとっては、驚きでありました。

日本美術特有の非対称性(アンシンメトリー)における、その無の空間の
必然的な存在やバランス(均衡)のお話も、大変興味深いものでありました。
あるいは、中国美術と日本美術の違いについてもペテルノッリ先生の持論や経験も交えながら
楽しくお話をしていただきました。

先生独特の世界観による、総合的な美術論を先生の経験やエピソードも交えながら
じっくり聞かせていただきました。日本人は、昔から自然と共存して、自然の中で生
きてきたのだと、再認識させていただきました。

ペテルノッリ先生、今回も素敵な講義をありがとうございました。


担当・烏丸(美術家)
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-06-03 23:29 | ママのためのレクチャー

学習発表会 & オープンスクール

ボローニャに本格的な夏日のような気候が訪れた5月28日(土)、来年度以降に勉強会への参加を検討して下さっているご家族や現在勉強会へ参加している保護者、そしていつもより少し興奮気味の子供たちで賑やかな中、今年度の締めくくりとなる最後の授業と学習発表会&オープンスクールが開催されました。

オープンスクールでは、通常通り子供たちが各クラスに分かれて担任の先生とお友達と一緒に発表会に向けての最後の練習に取り組む様子をご覧いただきました。各クラス、それぞれの年齢や子供たちの個性、先生のご指導の仕方によって色々雰囲気が違うことをお分かりいただけたと思います。

学習発表会では、1年生と2年生合同クラスの星組は日本の小学校の2年生の教科書に掲載されている『たんぽぽのちえ』についての課題を発表しました。全員で本文を順番に音読した後、時系列でたんぽぽがどのようにして種を残していくのかを説明しました。今年度は、1年生の漢字80字に加えて2年生の漢字20字、合計100字を先生と一緒に学び、また音読も昨年度よりみんなとてもよく出来るようになったように思います。


f0196517_5281782.jpg



次は3年生の月組の発表です。昨年度よりも教科書の文章も長くなってきており、その中の『スーホの白い馬』を全員で手分けして要約して内容を分かりやすく発表しました。また、それぞれの登場人物の気持ちを理解できるようにと取り組んでいた課題『登場人物から登場人物への手紙』では、それぞれとても個性的な作品を披露してくれました。最後に、勉強会の後半で取り組んだ山村暮鳥の『人間にあたえる詩』を暗唱し、気持ちを込めて言葉を発する姿に、子供たちの成長を感じました。


f0196517_5291011.jpg



4年生・5年生合同クラスの宙組は、まず谷川俊太郎の有名な詩『朝のリレー』を3人で順番に暗唱しました。高学年ともなると、現地の学校での勉強や習い事等もかなり忙しく、日本語の勉強との両立もなかなか難しいのではないかと思うのですがそこはさすが高学年です。しっかりと、皆心を込めて落ち着いて発表してくれました。そして、4年生の二人で、お互いがどのような人であるのかを説明しあう『私の友達はこんな人』の作文を発表してくれました。男の子と女の子の発表でしたのでおたがいちょっと恥ずかしそうであったのと、それでいて子供らしく率直な意見であったところがとても印象的でした。また、今年度唯一の卒業生となる5年生の男の子は『将来の夢』の作文で、日本とイタリアと両国のベースを持つ彼ならではの夢を発表して、保護者から拍手が沸きました。


f0196517_6144847.jpg



最後は中学部の二人による、俳句の発表が行われました。しっかりと季語を織り込み、それでいてとても独創的な俳句をそれぞれ力強く用紙に書いて表現してくれました。どれも、この素晴らしい素直な感性をいつまでも大切にしてもらいたいと感じられる、素敵な俳句でした。


f0196517_6181792.jpg



小学生から中学生まで、様々な歳の子供たちが週に一度集まって皆で日本語を学ぶことが出来るのは子供たちにとっても素晴らしい機会であると同時に、私たち保護者にとっても学びの場であると思います。夏休みを終えて、一回り成長した子供たちと再会できることを楽しみに、来年以降も皆で一緒に頑張っていきましょう。まねきねこ会の勉強会にご興味がおありの方は、ご遠慮なく事務局(manekineko.bo@gmail.com)までご連絡ください。


f0196517_620470.jpg

[PR]

# by manekineko-bo | 2016-05-31 05:36 | 日本語勉強会

ジャンニ―ノ・ストッパーニ書店でのワークショップ;「日本語で読もう!」

昨日5月28日(土)に、マッジョーレ広場にある,老舗児童書専門店ジャンニーノ・ストッパーニ書店で、日伊国交150周年の記念して現在開催中の日本を代表する絵本作家3人の展覧会に合わせて「日本語で読もう!」というワークショップをまねきねこ会のメンバーが行いました。


まず初めに、書店のエレナ・ランバルディさんと一緒に酒井駒子さんの絵本「ロンパーちゃんとふうせん」を読みました。日本語に続いて、イタリア語で。子供たちは耳を澄ませて日本語の言葉を聞いていました。


f0196517_18103120.jpg



次に、同じ酒井さんの「よるくま」の絵本を日本語だけで読んでみます。
子供たちは絵を見ながら、日本語の言葉の強弱や、トーンに注意しながらお話を想像していきます。


f0196517_18112177.jpg




そして、エレナさんと一緒に、お話の内容を確認していきます。


さて、今度は簡単な日本語のお勉強です。
挨拶や、ちょっとした単語、数字、動物の鳴き声などです。子供たちは興味津々で、積極的。
みんな発音も素晴らしくて上手でした。


最後は少しだけ漢字のお勉強です。象形文字からなる簡単な漢字を習いました。
ほらね、書き順もちゃんと覚えたの。じょうずでしょ。


f0196517_1812315.jpg


f0196517_1814881.jpg




参加した子供たちは、大満足!
みんな日本語に関心を持ってくれたようで、良かった、良かった。
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-05-30 18:19 | 日本関係イヴェント

ストッパーニ書店でのワークショップ「日本語で読んでみよう!」

今週5月28日(土)の午後16時から、マッジョーレ広場のストッパーニ書店で開催中の
日伊国交150周年記念の展覧会 “ RIRATTI D’INFANZIA “ にちなんで、
「日本語で読んでみよう!」という小さいお子様(対象年齢・5-7歳)向けのワークショップを
ストッパーニ書店と、まねきねこ会がコラボすることになりました。

日本語の読み聞かせの後に、ほんの少し子供たちに日本語をお教えする予定です。(約1時間)
展覧会に展示されている、日本を代表する3人の素晴らしい女性絵本作家の皆さん
(林明子さん、酒井駒子さん、みやこしあきこさん)の素敵な絵本を拝見しながら
魅力的なストーリーと心を揺さぶるような感動的な絵に
子供たちはきっと引き付けられてしまうことでしょう。

皆様のご参加をお待ちしております。
(要予約:連絡先は下記パンフレットをご確認ください)



f0196517_6165972.jpg

[PR]

# by manekineko-bo | 2016-05-24 05:59 | 日本関係イヴェント

第58回オープン読み聞かせ会

5月18日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で絵本の読み聞かせ会が行われました。今年度の最終回となりましたが、新しい読み手も加わり、絵本好きの子供たちが集まって楽しい読み聞かせ会になりました。
まず、言葉遊びが面白い『くだものだもの』から読み始めました。


f0196517_5514929.jpg



次に、ジェラートが食べたくなる季節に合わせ、『しろくまパパのソフトクリーム』を読みました。しろくまパパのお茶目な性格が伝わってきて、親子一緒にほんわかした気持ちになれました。『ねこざかなのおしっこ』は、カラフルな絵とともに想像の世界が楽しめるお話です。しかけのページでは、子供たちが前に出てきて、とびうおのヒラヒラのひれをさわっていました。もう一冊のしかけ絵本『しろくまのパンツ』では、次々に出てくるパンツを見ながら、子供たちと一緒に誰のパンツか考えました。

紙芝居は、『ごきげんのわるいコックさん』を読みました。子供たちがコックさんに呼びかけると、コックさんのきげんがなおって、ペロペロキャンディーを作ってくれました。


f0196517_5521748.jpg



最後に、折り紙でかたつむりを作りました。はさみを使うところもありましたが、自分で切るのに挑戦した子もいました。こんな色とりどりのかたつむりがいたら、雨の日も楽しくなりそうですね。


f0196517_553297.jpg



SalaBorsa Ragazziでの読み聞かせ会は、6月から夏休みに入ります。また、9月に皆さんと再会できるのを楽しみにしています。一年を通して参加してくださった方々と、ご協力くださったサラボルサ児童図書館の方々に心より感謝申し上げます。
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-05-24 05:54 | オープン読み聞かせ会