イタリア・ボローニャ在住日本人家族会「まねきねこ会」のブログです。
by manekineko-bo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
次回のイヴェント・お知らせ
【Sala bebe' 読み聞かせ会】
毎月第2木曜日
11:00~11:45開催
次回開催は3月8日(木)です。(12月~2月はお休みさせていただきます)
0-2歳 児対象)
小さいお子様、赤ちゃんのいらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしています。

【オープン読み聞かせ会】
毎月第2水曜日
17:30~18:15開催。

次回開催は12月13日(水)です。

子供たちが思わず身を乗り出してしまう楽しい絵本から想像の翼を広げるお話絵本まで、様々な本を読んでいます。3歳児~幅広い年齢のお子さんにご参加いただけます。

お問合せ:
サーラボルサ児童図書館 tel/051-2194411 e mail
まねきねこ会事務局

【お知らせ】
・準会員制度を導入しています。
詳細は事務局までご連絡ください。

・FBページ
https://www.facebook.com/manekineko.bologna/
カテゴリ
全体
紹介 presentazione
オープン読み聞かせ会
Sala Bebe読み会
日本語勉強会
文庫
まねきねこ会イヴェント
日本関係イヴェント
暫定イヴェント
ママのためのレクチャー
会員関係
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
more...
記事ランキング
画像一覧

第68回オープン読み聞かせ会

f0196517_20502457.jpeg
11月8日(水)、ボローニャ市のサラボルサ図書館で第68回オープン読み聞かせ会が開かれました。秋も深まった11月、たくさんの親子が集まってくれました。
まずはじめに、みいたんのかくれんぼ 作:小川 ナオ 絵 いもとようこ 学研(まねき文庫蔵書)誰もがしってるかくれんぼ遊び、ゆかいな掛け声「もういいかい?」を、イタリアのお友達にも知ってもらえる機会となりました。愛らしい動物たちは、うまく隠れてるかな? 会が思わず、ほのぼのする楽しお話でした。

つづいて、クリスマスカードなどをお友達や遠くにいる家族に出す時期も近づいてきたので、てがみぼうやのゆくところ 加藤 晶子 講談社(まねき文庫蔵書)を読む事にしました。いろいろな人の手にわたって手紙が届けられるまでの時間をみんなで楽しみました。おてがみくんに起こるハラハラする冒険と受け取ってくれる人の幸せも同時に感じられる素敵な絵本でした。
f0196517_20455837.jpg

紙芝居は、ちょっと怖い?スリルと知恵が面白い、日本民話さんまいのお札をダイナミックに描いたたべられたやまんば 作:松谷 みよこ 絵 二俣 英五郎 童心社(まねき文庫蔵書) を二人で読みました。展開が面白かったのか、最後までみんな泣かずに聞いてくれて一安心するなど微笑ましい雰囲気に包まれました。

f0196517_20451207.jpg
f0196517_20495333.jpeg
最後は、折り紙ラボに挑戦です。絵本にも登場したうさぎを折りました。今回は、少し難易度高めにも関わらず、説明をしっかり聞いて、お母さんにちょっと手伝ってもらいながら、みんな本当に上手に折れました!今月も賑やかに会を終えることができました。

来月は12月13日 第二水曜日の開催となります。寒くなりましたが、是非皆様のご参加お待ちしております。
 

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-11-15 07:00 | オープン読み聞かせ会

低学年ラボ 『かたちから うまれたよ』

11月11日の土曜日3時間目は、今学期はじめての1年生と2年生対象の美術ラボが行われました。
この日は1年生9人と2年生3人の12人全員が参加してくれました。

1・2年生のずこうの教科書より『かたちから うまれたよ』
かみをきったり ちぎったり してみましょう。できたかたちは なににみえますか?どんな えが できますか?をしました。

f0196517_18461711.jpg

適当に手で破った紙をいろんな向きから見せ、さあなにに見えますか?の質問にみんな想像力ゆたかな様々な答えが返ってきました。みんな要領が分かったところでちぎった紙を白い紙の上に糊で貼って、上からさらに紙を足したりペンで描き足したりして仕上げていきます。2枚目を作ってくれたお友達もいましたよ。
なかなかの力作、大作が出来上がりました。

f0196517_18461446.jpg
きりんのかたちになりました。
横には大好物な葉がなる大きな樹


f0196517_18461561.jpg

海のうえに浮かぶ炎が見えますか?
名前の入れ方も洒落ていますね



f0196517_18461637.jpg
海でサーフィン中の人、遠くに橋がかかっています


f0196517_18461699.jpg
ダイナミックな仕上がりです!ペットも一緒に


f0196517_18461660.jpg
カラフルな3Dに仕上がっています。
蝶やへびもいますね


f0196517_18461652.jpg
ブランド名 えりあけいたびいるを片手に
もう片手にはバッドを持ってほろ酔い気分な人がいます。

f0196517_18461713.jpg
破った紙は忍者やしきになりました!
たくさんの忍者が登場します

f0196517_18463420.jpg
これはお家の周辺マップで、どろぼうに注意!

f0196517_18463488.jpg
奥にあるロボットの前にはバッテリーがあるので
触ると感電するので注意しましょう。


f0196517_18463459.jpg
moto d’acqua 舟艇の完成です


f0196517_18463473.jpg
とってもエレガントな女優さん?
歌手のドレスに見立ててくれました


f0196517_18461562.jpeg
かわいいあひるの親子のできあがりです。


みんな少ない時間内に紙いっぱいに創作してくれました。
先生からみなさんに拍手を送ります!

ラボ担当 辻本

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-11-14 18:56 | 日本語勉強会

第60回サラべべ読み聞かせ会

11月9日木曜日に今年最後のサラべべ読み聞かせ会が行われました。すっかり常連さんの数組も出席です。

一人ずつ名前を呼んでこんにちはの挨拶のあと、いないいないばあをみんなで声をそろえて。

f0196517_06373040.jpg

おへんじ元気よく『はーい!』

f0196517_06373114.jpg

お待ちかね、みんなの大好きな、『ぴょーん』、それから手と手を『たーっち』と続きます。
f0196517_06373004.jpg

手遊びうたで『げんこつやまのたぬきさん』『ぺんぎんさん』『大きなくりの木の下で』『むすんでひらいて』『パンダうさぎコアラ』などなどを元気に歌ったあとは、
恒例となったひろこ先生のベル演奏でしめくくりました。


f0196517_06373131.jpg
今年は今回が最後となりました。
これから寒い季節となりますが、みなさま風邪などひかぬようお身体にお気をつけ下さい。
次回は2018年3月8日(第2木曜日)です。
お楽しみに!

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-11-14 06:43 | Sala Bebe読み会

第三回 読み聞かせ会@研究所のお知らせ

秋も一段と深まってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
文庫係では、会員の皆様や、現在会員でなくても会の文庫活動に興味のある方を対象に、下記のように読み聞かせ会を開催します。多くの子供たちと保護者の方にまねきねこ文庫の蔵書をご紹介できる機会になればと思います。お友達もお誘いの上、ぜひお越しください。

場所:東洋美術研究所 (Via S. Maria Maggiore, 1 Bologna)
お子さんの年齢制限:特に決めず

プログラム:
  • まねきねこ文庫の紹介
  • 読み聞かせ会
  • 懇談

注意事項
  • Passegginoをたたまずにおいておけるスペースがあります。
  • 当日は、小さなお子さんのためにカーペットを用意しています。
  • 開催時間がお昼に掛かることから、食べ物持ち込み可。またお湯の用意ができます。温かい飲み物が飲みたい方はマイカップ持参でお願いします。
楽しい読み聞かせ会になることを願って、皆様のご参加をお待ちしています。

文庫係

f0196517_05421162.jpeg

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-11-13 05:39 | 文庫

第17回ママのためのレクチャー

「 ブータン王室ご用達のケーキ屋「Cafè Luna」の女主人、森山幸恵さんに聞く・・
ボローニャからブータンへ -異文化の狭間で暮らすこと 」
聞き手・波平千種さん

2017年10月27日(金) 午前10時〜 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d'Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1/a-f)

第17回目の「ママのためのレクチャー」はスペシャルゲストに、ブータン在住22年の森山幸恵さんをお招きしました。彼女は、約30年前に日本からボローニャへ留学の後、ブータンから留学していた最愛のご主人と結婚、その後ブータンに渡られました。
現在は首都ティンプーで王室ご用達のケーキ屋「Cafè Luna」の女主人としてお忙しい毎日を送っていらっしゃいます。今回は22年ぶりにお嬢さんを連れてバカンスでボローニャを訪問されていたご本人に特にお願いして、ブータンでの暮らしぶりや家族のことなど、いろいろと貴重なお話を聞かせていただきました。
(尚、ご主人はブータン国王ご夫妻が2011年来日された当時の王室筆頭報道官、ワンチュック・ドルジ氏。)
ブータンという国の歴史、文化、地理、国民性、伝統など、あらゆる観点から興味深いお話をたくさん聞かせていただくことができました。私たちにとっては、はるか遠い国、ブータン。そこに住む人々は、素朴で物欲がなく、とても家族思いなのだそうです。

f0196517_18322541.jpg

そんな素敵な部分がある一方、水や電気の供給は現在でも問題が起こるという日常生活。私たちが全く知らなかったブータンの今昔に渡って、若者の高い失業率や高齢者を含めた自殺など、現在の問題点に至るまで深く掘り下げて、とても丁寧にお話しいただきました。


例えば、学校は義務教育ではないけれど、学生は英語を完璧に習得し、ブータンの言語であるゾンカ語を含め、かなり語学に長けているということ。実際ご一緒された下の娘さん(高校1年生)も英語とゾンカ語だけでなく、ご両親がお話になるイタリア語を理解され、お母様とは日本語と英語で話されるそうです。現在タイの学生寮に入って単身留学中とのこと。

f0196517_18322663.jpg

たくましい森山さんはそんな中、オーダーによるケーキ屋さん『CAFE’ LUNA』を首都ティンプーにオープンし、毎日30個から40個のケーキ作りという、仕事に追われる毎日だそうです。

f0196517_18322689.jpg

今やブータン王室ご用達のケーキ屋さんとしても有名で、お妃様は森山さんのチョコレートケーキが大のお気に入りだということです。

f0196517_18322560.jpg

海外に暮らす私たちにとって、何事にも真摯に向き合われている森山さんの熱意と強さに勇気づけられる思いがしました。
何年後かに再びイタリアに戻っていらっしゃる機会があれば、是非ともまた面白いお話を聞かせていただければと思います。有意義なお話に、参加者も大満足の様子でした。森山さん、旅行中に貴重なお時間を割いていただきまして、本当にありがとうございました。


f0196517_18322621.jpeg

ママレク担当・烏丸 (波平千種・記)

[PR]
# by manekineko-bo | 2017-10-31 19:04 | ママのためのレクチャー