第59回オープン読み聞かせ会

9月21日(水)、ボローニャ市のサラボルサ児童図書館で、今年度のオープン読み聞かせ会が始まり、幼稚園の年少さんから小学一年生までの子供たちが参加しました。

『うしろにいるのだあれ』は、小さい子から大きい子まで、そしてイタリア人の子供も楽しめる絵本です。うしろにいるのは誰かを当てっこしながら、日本語で動物の名前を言ってみました。つづいて『だるまちゃんとてんぐちゃん』を読みました。うちわや履き物やらがたくさん出てくる絵がおもしろく、みんな釘付けになっていました。
f0196517_2149738.jpg

このほかに、くり返す音と言葉遊びがおもしろい『にょきにょきの木』を読みました。

紙芝居の『まんまるまんまたんたかたん』では、みんなで忍者の男の子の術がうまくいくように「たんたかたん」と手をたたいて応援しました。

折り紙は、お月見にちなんでウサギを折ってみました。後半がちょっと難しかったですが、最後にはウサギがみんな立って勢ぞろい!
f0196517_21491656.jpg


次回の10月19日(水)も、皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-09-28 21:53 | オープン読み聞かせ会

2016-2017年度サラボルサ図書館オープン読み聞かせ会

今年度のサラボルサ児童図書館でのオープン読み聞かせ会が9月21日(水)から始まります。

対象年齢:3歳以上

場所: サラボルサ児童図書館 (Biblioteca Salaborsa Ragazzi), Sala Bambini
地下のSala Bambiniに参加者が入りきらない場合、正面入口から入って2番目の、劇場風の階段のある部屋で行う予定です。当日、入口のカウンターでご確認ください。

月一回 水曜日 17:15〜18:00

幼稚園〜小学校低学年向けの絵本を中心に読んでいく予定ですが、後半に紙芝居や折り紙もありますので、
対象年齢以外のお子様にも、ご自由にご参加いただけます。また、会員以外や日本人以外の方も歓迎しております!

今年度の日程は以下の通りです。
9月21日
10月19日
11月16日
12月7日
2月22日
3月22日
4月19日
5月17日
* 1月はお休みになります。

以下のサラボルサ図書館のページもご参照ください。
http://www.bibliotecasalaborsa.it/ragazzi/eventi/raccontamelo_in_giapponese_5772404fbb298
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-09-12 00:00

2016-17年度サラべべ絵本読み聞かせ会のお知らせ

2016-2017年度のSala Bebé絵本読み聞かせ会が、9月8日(木)11:00から始まります。
0-2歳のお子様が対象で、会員の有無や国籍を問わず、どなたでも歓迎しております!
昨年度もご好評を得て、たくさんの方に参加していただきましたが、会場のサラべべは入場者の人数制限がありますので、ご希望の方はお早めにお越しください。

日程:
9月8日(木)
10月13日(木)
11月10日(木)
3月9日(木)
4月13日(木)
5月11日(木)
6月8日(木)

時間: 11:00〜11:45

場所: ボローニャ市サラボルサ児童図書館、Sala Bebè

http://www.bibliotecasalaborsa.it/ragazzi/eventi/il_mio_primo_libro_in_giapponese_57723dba1c7af<br>

[PR]

# by manekineko-bo | 2016-09-05 16:42

第14回ママのためのレクチャー

「東洋美術研究所所長ジョバンニ・ペテルノッリ先生が語る
日本美術における自然の重要性について-
L'importanza della natura nell'arte giapponese」

2016年5月31日(木) 午前10時~ 於:東洋美術研究所
(Al Centro Studi d-Arte Estremo-Orientale/ Via Santa Maria Maggiore 1)


先日5月31日に、東洋美術研究所の所長のジョバンニ・ペテルノッリ先生を約1年半ぶりに
お迎えして「日本美術における自然の重要性について」についてお話をお伺いしました。

日本美術において、自然は常に必然のように、日本美の中に内在しておりました。
今回は、先生にさまざまな時代の様々な作家たちの、自然とかかわる作品を
見せていただきました。例えば、平安時代の源氏物語の絵巻物から、光琳、応挙など屏風絵、
そして江戸時代の春信や清長などの浮世絵、果ては日本で近年人気沸騰の若冲の作品に至るまで。
先生の奥の深い作品解説をお聞きしながら、皆で注意深く見ていきました。
さらに雪舟、狩野派、琳派、等伯らの屏風絵や襖絵などは、自然を取り込んだ、
そして装飾的であるがゆえの、その耽美的な美しさにうっとりする
本当に見事なものばかりでした。

また、ヨーロッパと日本の国宝の扱い方やその理念の違い、絵画と工芸品における
芸術的価値観の違いなども、私たち日本人にとっては、驚きでありました。

日本美術特有の非対称性(アンシンメトリー)における、その無の空間の
必然的な存在やバランス(均衡)のお話も、大変興味深いものでありました。
あるいは、中国美術と日本美術の違いについてもペテルノッリ先生の持論や経験も交えながら
楽しくお話をしていただきました。

先生独特の世界観による、総合的な美術論を先生の経験やエピソードも交えながら
じっくり聞かせていただきました。日本人は、昔から自然と共存して、自然の中で生
きてきたのだと、再認識させていただきました。

ペテルノッリ先生、今回も素敵な講義をありがとうございました。


担当・烏丸(美術家)
[PR]

# by manekineko-bo | 2016-06-03 23:29 | ママのためのレクチャー

学習発表会 & オープンスクール

ボローニャに本格的な夏日のような気候が訪れた5月28日(土)、来年度以降に勉強会への参加を検討して下さっているご家族や現在勉強会へ参加している保護者、そしていつもより少し興奮気味の子供たちで賑やかな中、今年度の締めくくりとなる最後の授業と学習発表会&オープンスクールが開催されました。

オープンスクールでは、通常通り子供たちが各クラスに分かれて担任の先生とお友達と一緒に発表会に向けての最後の練習に取り組む様子をご覧いただきました。各クラス、それぞれの年齢や子供たちの個性、先生のご指導の仕方によって色々雰囲気が違うことをお分かりいただけたと思います。

学習発表会では、1年生と2年生合同クラスの星組は日本の小学校の2年生の教科書に掲載されている『たんぽぽのちえ』についての課題を発表しました。全員で本文を順番に音読した後、時系列でたんぽぽがどのようにして種を残していくのかを説明しました。今年度は、1年生の漢字80字に加えて2年生の漢字20字、合計100字を先生と一緒に学び、また音読も昨年度よりみんなとてもよく出来るようになったように思います。


f0196517_5281782.jpg



次は3年生の月組の発表です。昨年度よりも教科書の文章も長くなってきており、その中の『スーホの白い馬』を全員で手分けして要約して内容を分かりやすく発表しました。また、それぞれの登場人物の気持ちを理解できるようにと取り組んでいた課題『登場人物から登場人物への手紙』では、それぞれとても個性的な作品を披露してくれました。最後に、勉強会の後半で取り組んだ山村暮鳥の『人間にあたえる詩』を暗唱し、気持ちを込めて言葉を発する姿に、子供たちの成長を感じました。


f0196517_5291011.jpg



4年生・5年生合同クラスの宙組は、まず谷川俊太郎の有名な詩『朝のリレー』を3人で順番に暗唱しました。高学年ともなると、現地の学校での勉強や習い事等もかなり忙しく、日本語の勉強との両立もなかなか難しいのではないかと思うのですがそこはさすが高学年です。しっかりと、皆心を込めて落ち着いて発表してくれました。そして、4年生の二人で、お互いがどのような人であるのかを説明しあう『私の友達はこんな人』の作文を発表してくれました。男の子と女の子の発表でしたのでおたがいちょっと恥ずかしそうであったのと、それでいて子供らしく率直な意見であったところがとても印象的でした。また、今年度唯一の卒業生となる5年生の男の子は『将来の夢』の作文で、日本とイタリアと両国のベースを持つ彼ならではの夢を発表して、保護者から拍手が沸きました。


f0196517_6144847.jpg



最後は中学部の二人による、俳句の発表が行われました。しっかりと季語を織り込み、それでいてとても独創的な俳句をそれぞれ力強く用紙に書いて表現してくれました。どれも、この素晴らしい素直な感性をいつまでも大切にしてもらいたいと感じられる、素敵な俳句でした。


f0196517_6181792.jpg



小学生から中学生まで、様々な歳の子供たちが週に一度集まって皆で日本語を学ぶことが出来るのは子供たちにとっても素晴らしい機会であると同時に、私たち保護者にとっても学びの場であると思います。夏休みを終えて、一回り成長した子供たちと再会できることを楽しみに、来年以降も皆で一緒に頑張っていきましょう。まねきねこ会の勉強会にご興味がおありの方は、ご遠慮なく事務局(manekineko.bo@gmail.com)までご連絡ください。


f0196517_620470.jpg

[PR]

# by manekineko-bo | 2016-05-31 05:36 | 日本語勉強会